自転車旅行に行くときに気を付けること

何が起こるかわからない

ロードバイクに乗ると通常では考えられないほど遠い距離まで自分の力だけで進んでいくことができます。しかし、ロングライドに行った場合はどこまで走ったにしても必ず家に帰ってこなければなりません。そのため、たとえ100km走ったとしても家からの距離として考えると最高でも50kmの地点までしか離れていないことになります。

ですがやはりもっと遠くまで走りに行きたいと思うことがあります。そのようなときは、一泊でもいいのでどこかに宿をとって走れるだけの距離を走ってみるのが面白いでしょう。つまり自転車旅行ですね。日本は狭い国ですので自分の家から150km離れた地点は全く違う文化を持った地域になるので一泊旅行でも十分に楽しめます。

さて、そんなわけでロードバイクに乗っている人にはぜひとも自転車旅行をしてみてほしいのですが、自転車旅行に行く際には気を付けておいたほうがいいことがあります。

まず、前提として自転車旅行に行く前には「どこに宿をとるか」を決めておく必要があります。そして、「いつ」「どのルート」を通ってその宿にまでたどり着くかを考えておく必要があります。

私の場合はツーリングマップルを見て景観がよく、自転車で走りやすそうな道を探しながらどこに行くかを決めていきます。そして、自分の行ける範囲でよさそうな宿を値段を見ながら決めておくようにしています。その後、そこまで行くにはどこでどのくらい休憩を取るかをあらかじめ調べておきます。

これはどれも旅行をするならば当たり前のことですね。しかし、初めて自転車で旅行に行ったときにはこれだけではまだ準備不足であることを思い知らされました。

それは自転車旅行に行くと予想外のことが起こり、事前の予定通りの行動がとれなくなる可能性があるからです。

私が初めて自転車旅行に行ったときには、完璧なルートを設定していましたが運の悪いことに旅行の前日に降った雨の影響で土砂崩れが起こってしまいルート上の道が「通行止め」になってしまったのです。しかも、この通行止めが設定していたルートの2か所で起こったので本当に大変でした。

まず、一つ目の通行止めで予定していた道と全く違う道に誘導されてしまい、その道がかなりアップダウンのある体力的にきつい道だったのです。これが割と最初のほうにあり、きちんとチェックインの時間にまで行けるかどうか心配になりながら走っているところで、もう一度通行止めを食らってしまいました。こちらも後は宿までわかりやすい道だけだというところで通れなくなってしまい、そこからぐるっと迂回して全く分からない道をさまよいながら宿を探すという羽目になってしまいました。

このように、日本の道路はある程度距離を走れば山にぶつかり、山の中の道で通行止めなどにあうと大変なことになる可能性があります。通常のロングライドなどであれば途中でショートカットして帰ることもできますので問題ありませんが、宿を予約している場合はキャンセル料などがかかることもあり、必ず辿り着かなければという思いから精神的に追い込まれてしまいます。

このような経験をしてからは自転車旅行に行く場合にはもしもの時のことを考えて代替ルートを設定しておくようになりました。また、なるべく広範囲の地図なども用意しておくようにしています。いつ・どんなことがあるかわかりませんので自転車旅行に行く際には十分な備えをしておくのがいいでしょう。