バスでの輪行の欠点と輪行ができるバス会社について

夜行バスで

基本的に自転車は自分の脚で漕いで前に進んで行くものです。そのため、家を出て遠くまで走って家に帰ってくるというのが基本になります。

しかし、このように自走ばかりだと自分で行くことができる距離というのはおのずと決まってきてしまいます。もちろん走り慣れてくれば長距離を走ることは可能でしょうが、それでもやはり限界があるというものです。

そこで利用すると便利な方法として「輪行」というものがあります。この輪行はロードバイクからホイールなどを外して小さくまとめて袋に入れた状態にして、電車などに持ち込み目的地まで移動します。

この輪行のいいところは、自分が走りたい目的地まで体力を温存していけることと、自走ではとてもいけないところまで楽に速くいくことができるということです。また、自転車旅行などをするときもこの輪行を活用するとその範囲がぐっと広がります。

基本的にはこの輪行は電車に乗ることになります。というのは電車であればほかの人の邪魔にもなりにくく、移動もしやすいからです。

しかし、バスでの輪行というのはあまりしないようです。以前アウグーリオの住田さんに輪行について尋ねたときにバスでの輪行の話もしてみました。

やはり基本的にはバスの輪行はお勧めしないということです。その理由としては「ロードバイクの置き場所」が関係しています。

電車の輪行であれば車両の一番端に行って壁に立てかけるようにでもしておくのですが、バスとなると話が変わってきます。まず、基本的にはバスのトランクに荷物が放り込まれることになるのですが、これはほかの利用客の荷物と一緒にポンポンと詰め込まれることになります。この際、ほとんどの荷物はスーツケースやボストンバッグのようなもので上に重ねようが横倒しになろうが、移動中にグラグラと動いてトランクの壁とあたろうが気にされません。

しかし、ロードバイクの場合ではそうはいきません。もっと慎重に扱ってもらわないと最悪の場合は輪行してバスに乗ったら、目的地に到着したら壊れていたということにもなりかねません。

ですが、そうかといって座席の所に輪行袋に詰め込んだロードバイクを持ち込むのもなかなか難しいのです。このようにかさの大きなロードバイクはバスでの輪行に向いていないのです。

また、そもそもの話としてバス会社が自転車の輪行についてNGというところも多いのです。

しかし、そんな中にもロードバイクに理解のあるバス会社も存在するようです。夜行バスネットワークというところでは結構積極的に輪行を取り扱っているようです。

ここでは事前の予約などが必要ですがその分安心してロードバイクを預けることができるようになります。夜行バスを使っての輪行などができるようになれば安く遠くまで自転車を楽しみに行くことができるでしょう。選択肢の一つとして知っておいても損はないと思います。