伊勢旅行④伊勢神宮~風見荘一泊目編

昼食を求めて

なんとか無事に大阪から伊勢までロードバイクでやってくることができました。距離としては160km程なのですがとにかく向かい風がずっと続いていたのがしんどかったです。そんなこんなで体はヘロヘロになっていましたので、伊勢市についたらまずは昼食を食べようと動き始めます。

しかし、その前に一度宿の場所をチェックしておきました。ツーリング用の地図では細かいところまではわからないので、インターネットから印刷させてきた用紙をみながわ伊勢市駅のあたりをうろちょろしていました。宿の場所は思った以上に駅から近くこれならもう地図を見なくても迷うことはないだろうと判断しました。

チェックインは4時からなので宿には顔を出さずにとりあえず昼飯を食べに行くことに。特に何を食べようとは決めていな方のですが一度伊勢うどんを食べてみようとそのへんを走り回ることにしました。

この日は朝方はお酒の飲みすぎで何度もトイレに駆け込んでいたのですが、ロードバイクに乗り始めてからは全く便が出る気配がありません。それどころか少し胸の下あたりが苦しいくらいで軽く便秘気味になっているようでした。そのためあまり食欲もなかったので、うどんにしようと思ったのですが、お目当ての山口屋といううどん屋の場所がさっぱりわかりませんでした。

仕方がないので、伊勢市駅の西側に続いている商店街で食べようかと思ったところ、この商店街はものすごく寂れていてほとんどに店がしまっていました。観光地でこれほどのシャッター街というのも珍しいのではないでしょうか。全く店がないので諦めて、行きの時に37号線で見かけてうどん屋に行ってみるとこちらはなんともう店じまいをしていました。ちょうど店の人と出くわしたのですが知り合いに不幸があったそうで今から出かけるとのことでした。

そんなこんなでどこで昼食を食べようかと昼のクソ暑い時間帯に30分以上ウロウロとしていましたが、結局伊勢神宮の外宮近くにあり食堂に入ることにしました。この店には2時前位に入ったのですが、この店でも店員さんが2時半から会合があるので片付けを始めていました。入った瞬間に「もう伊勢うどんくらいしかだせないよ」と言われたのですが、もとよりそのつもりです。伊勢うどんを注文するとすぐに出てきました。

初めての伊勢うどんはおいしかったです。太めの麺に真っ黒なつゆで大阪のうどんとは全く違っていて驚きました。いつもはうどんのつゆなどは全て飲むのですが、一口飲んだらかなり塩辛くて諦めました。今思い出しただけでも口の中に唾液が溜まってくるほどです。

ゆっくりと食べて2時15分位にお店を出て行きました。お店の人には持っていたボトルに水を入れてもらったのですが、これ以上はもう走る元気もなかったので、ここで伊勢神宮の外宮に行ってみることにしました。信号2つ渡ればすぐに行けるところにあります。

伊勢神宮外宮にて

伊勢神宮では中には自転車では入ることができないらしく、警備員室のとなりの自転車置き場に駐輪することになります。しかし、地面が土でもコンクリートでもなく割と大きな砂利で非常に歩きづらいです。

ロードバイクでは走りやすいようにシューズとペダルを引っ付けるビンディングシューズになっているので、靴の底にクリートという器具がついています。そのため、靴のしたが大きく出っ張っており砂利の上ではまともに歩けませんでした。

外宮に行ってみようと思ったものの、入ってすぐ左にある資料室前のベンチに腰掛けて休憩することにしました。ここはミストが出るようになっており、となりには大きな池があるため少し暑さもマシになっています。しばしの休憩を楽しみましたが、あまり長い時間いても仕方がありません。また歩き始めようとしました。

しかし、したが砂利というのはこれほどまでに歩きにくいのかと驚きました。あまりの歩きにくさに外宮を見る前に入口に引き返してしまいました。これは健常者はいいですが身障者などには辛いのではないかと思います。せめて砂利のない道も作って欲しいと思いました。

この時点で時刻は3時になっています。外宮を見ることを諦めてしまったのですることがなくなってしまいました。そこで少し早いですが宿に行ってみるとにしました。

ゲストハウス「風見荘」

今日泊まる宿は「風見荘」というゲストハウスです。これは個人でやっているユースホステルもどきの宿とでも言うのでしょうか。素泊まりでほかの宿泊客と相部屋の二段ベッドで寝るのですが、就寝前まではロビーなどで初対面の人同士が旅の話などを語り合うようです。

宿について入口内部にロードバイクを駐輪させてもらいます。ここで呼び鈴を鳴らしてオーナーにチェックインをお願いすると、チェックインは4時からになるのでもう少し待ってもらう必要があると言われました。荷物は預かってくれるそうです。普通の宿なら多少早くてもチェックイン位させてくれるのになと思ってしまいました。

仕方がないので先に風呂に入ることにします。といってもこの風見荘ではシャワーになるそうです。いつも家では夏場はシャワーなのですが、今日はたくさんロードバイクで走ってきたのでゆっくりと湯船につかりたいと思いました。そこで近くにある銭湯に行くことにしました。

荷物は預けておいて着替えなど必要なものだけを持って銭湯までは歩いていくことにしました。意外と遠く10〜15分くらい歩かなければなりませんでした。銭湯では何種類かの風呂があったので、水風呂以外はすべての湯船につかってゆっくりと1時間近くは入っていたでしょうか。これで夜はよく眠れそうです。

また、歩いて宿にまで帰ってきました。宿に着くともう4時は過ぎているのでチェックインをすることに。ここでは先に宿代を払っておくようです。

チェックインをして宿の施設を案内してもらいます。トイレにシャワー、洗面台、キッチンなど生活に必要なものは一通りそろっているようです。私が泊まるのは2階の相部屋で二段ベッドが5つ、つまり10人が眠れるようになっていました。枕元には電気スタンドとコンセント、それにWIFIのパスワードなどが書かれていました。

さて、これでゲストハウスについてはわかったので、ベッドに荷物を置いてロビーに行くことにしました。ここでは何人かの人たちがくつろいでいました。しばらくはパソコンを触ったり、キッチンに行ったりしていたのですが、この時の一番の関心は夕食についてです。どこで何を食べるかは全く考えていなかったので、ロビーに置いてあった近隣の地図を見ながらどうしようかと悩んでいました。

この時になってもまだ便は出ておらず、完全に便秘状態になってしまっていました。実は私は便秘にはほとんどなったことがなかったのですが、こんなに胸がつかえて苦しいものだとは思いもしませんでした。とにかく腹がすいてもガッツリと食べる気がしないので、脂っこいものは食べられないなと考えていました。そこで、地図に載っていた魚がおいしい店というのが気になりました。刺身などならばおいしく食べられそうです。

しかし、場所がわかりにくかった。地図では伊勢市駅を越えてさびれた商店街の少し向こう側というのはわかるのですが、それ以上細かくはわからず、まず遠いというのも問題でした。

そこで、頼りになるのがゲストハウスに溶け込んでいる人です。私の目の前で40歳手前の人が若者に地図を見せながらここがおススメだよと教えているのが聞こえていたので、私も教えてもらうことにしました。その人は私と同じ大阪から来ている人だそうで、一泊する予定が居心地がよくかれこれ一週間はここに泊まっているそうです。魚がおいしい店を探しているというと、地図に載っている場所は遠いからこっちのほうがいいかもしれないと、近所にある魚がおいしい居酒屋さんを教えてくれました。わざわざ歩いて実際にその場所まで連れて行ってくれたので助かりました。

これで夕食の場所は決まったので、食べるまでに少しあたりをぶらぶらと歩くことにしました。そこで行ってみたのは先頭に行く途中にあったスーパーです。この辺りではどんなものが売っているのだろうと思いいろいろと見て回っていました。特にこれといって変わったものがあるわけではありませんでしたが、ここでも刺身などはおいしそうでした。

そのほかにも近くをぶらぶらしてから6時を回ったころに居酒屋に行ってみることにしました。入ってビールと刺身を頼み、その後もいろいろと注文していくと結局4000円以上食費にかけてしまっていました。腹が張って食べられないと思っていたわりにはよく食べられたのが実に不思議です。ロードバイクに長距離乗った日にはご飯が本当においしくて幸せです。

夕食を食べ終わって宿に変えると、そこからはロビーでほかの旅人たちと話をしていました。この日は実に多くの人がロビーで酒盛りをしていて実に騒がしかったでした。私は近くにいた3名の人と一緒に酒は飲まずに話を楽しんでいました。

私が途中で引き返してしまった外宮をこの三人はみんな行ってきたそうです。全員そのシンプルなたたずまいに感動したといってその話で盛り上がっていました。最終的にはきっとこの四人は前世でも伊勢神宮参りをして出会っていたのではないかなどという話にまでなって、みんなで大笑いすることができました。

さて、明日は二見にある夫婦岩で朝日でも見に行こうかと思っていたので私は11時には寝ることにしました。まだみんなは話したりないという雰囲気でしたが一人だけ先に寝ることに。しかし、ドミトリーでは何人かはベッドで明かりをつけて本を読んだりパソコンをしたりとそれぞれの時間を楽しんでいる人もいました。歯磨きなどを済ませ明日の目覚ましをセットして今日はこれでおしまいです。実に楽しい一日となりました。

目次

  1. 伊勢旅行の準備編
  2. 長居公園~竹之内峠~高見トンネル編
  3. 高見トンネル~桜峠~伊勢市編
  4. 伊勢神宮~風見荘一泊目編
  5. 伊勢市~二見~鳥羽編
  6. パールロード~志摩スペイン村~伊勢神宮編
  7. 風見荘二泊目編
  8. 伊勢市~松阪・津市~長野トンネル編
  9. 長野トンネル~伊賀上野~月ヶ瀬・柳生~大阪へ帰宅編