平成24年8月の走行記録

走行距離1064km

(ローラー台:375.40km)

総走行距離16851km

走行回数21回

ローラー台回数13回

消費カロリー19768kcal

一言メモ

今月は予想外にも走行距離が1000kmを越えていました。これは8月末に行った伊勢自転車旅行による走行距離が大きかったと思います。

最後の週までは走行距離が500km台だったので正直なところまた100km行かないかと思っていました。しかし、最後の週に伊勢自転車旅行に行くことができ、3日間で400km走れたのがよかったと思います。

しかし、暑さの影響か毎日のローラー台トレーニングや週末のロングライドが減ってきてしまっています。特にロングライドに行かないのは影響が大きいと思いました。レースなどに出るわけでもない私が毎日ローラー台に乗ろうというモチベーションを保つには週末のロングライドに向けてのトレーニングだからです。実際今月はローラー台を使用した日数が13回と低調です。

ですが、ただ単に減ってしまったままで何もしていなかったわけでもありません。今月はローラー台についていろいろと試してみたことがあります。

まず、暑さのために心拍数が上がりやすくテンションも下がってしまうので、今まで夕食前後に行っていたローラー台トレーニングを朝にやってみることにしました。朝いつもよりも早めに起きてローラー台に乗るというものです。しかし、これは長続きしませんでした。まず第一に朝は体が動きにくいということを身をもってしったからです。意識は起きているつもりでも、なかなかケイデンスも上がらなく、負荷のかかるトレーニングを行いにくいというデメリットがありました。そのほかにも、時間の問題がありました。朝ローラーは時間との闘いですが、目を覚ます時間によっては1時間行うこともできずに、時間短縮せざるを得ないことも多かったのです。

このようなデメリットがあり朝ローラーは私の中では定着しませんでした。毎日朝から自転車通勤をしている人などには頭が下がる思いです。

そのほか試してみたことというのは3本ローラーだけでなく固定ローラーも使用したことです。もともとは固定ローラーを行っていたのですが、今のTIMEのフレームを購入してから3本ローラーを使い始め、それ以降はずっと3本ローラーばかりでした。3本ローラーは私にバランス感覚とペダリングの修正などの大きなメリットを与えてくれましたが、やはり負荷がかからないというのは問題だと思っていました。

そこで、負荷の調整が容易な固定ローラーをまた使用してみることにしたのです。固定ローラーはタイヤの減りが早いのでわざわざ後輪を付け替えなければならず、それが不便ではあるのですが久しぶりに使ってみると改めてその優秀さを確認できました。私のパワーならばそれほどフレームに負担がかかることもなさそうなので、これからは負荷をかけたトレーニングを行う時には固定ローラーを、心肺機能を鍛えるLSDなどの低負荷のトレーニングを行う場合には3本ローラーを使用という風に使い分けをしていこうかと思います。

実走ではクリートの削れが問題にもなりました。左脚のクリートがかなり削れており、それによってクリートをはめ込むのが困難になってしまっていました。このため、伊勢自転車旅行では左脚に負担がかかり大腿四頭筋が痛くなってしまうというトラブルも発生しました。

これは新しく購入したクリートに交換したのですが、今一度自分の走りに合ったクリート位置というのを考えておいてもいいのかなと思いました。ほんの0.1㎜の違いでも脚の負担には大きな違いになってくるのが自転車の奥深さだなと毎度のことながら感心してしまいます。しっかりと調整をして自分に合ったポジションを見つけていこうと思います。