よく脚を組む人は殿筋が弱い

脚を組む癖

先日、ロードバイクに乗った後から右のおしりの筋肉に軽い痛みが出てきました。いわゆる筋肉痛です。

この痛くなった右のおしりの筋肉は「大殿筋」と呼ばれる筋肉で、股関節を伸展する働きがあります。そのため、自転車に乗ってペダルを漕いでいるときにはハムストリングスと同様に脚を踏み下ろす作用があります。

確かに今回はいつもと違い低いケイデンスでトルクをかけて走る走り方をしていたのでそれが影響しているのかなと思いました。なぜか右側でけに痛みが出て左には一切痛みが出ていないのでバランスの悪い走り方をしているのかもしれません。

さて、それとは別に元々右の大殿筋が弱いという可能性も十分にあります。それは以前から少し気になっていることでもあります。つまり、日ごろから右大殿筋に異常があるサインが表れていたからです。

そのサインというのは「脚を組む」ということによって示唆されていました。

私の場合、普段から座っているときによく脚を組む癖があるのですが、この脚を組むという動作も右脚を左脚の上に組むことが多いです。これは無意識で行っていました。

この右脚を左脚の上に組むというのは、右の大殿筋を伸ばしている動作になります。人間の筋肉に異常がある場合、その筋肉が短縮されると痛みが出てきます。つまり、右大殿筋を無意識に伸ばすという動作は普段から右大殿筋が短縮されては痛みが出てしまうので無意識のうちに伸ばそうとしていたと考えられます。

よく脚を組む癖があるという人はこのような視点から見てみると、一見ロードバイクとは関係のないことも意外と関係しているので面白いかと思います。

特に片方の脚ばかりを無意識に組んでいる人は大殿筋を伸ばすようなストレッチを行い、筋トレをしてみるといいかもしれませんね。