初めてロードバイクを買うときに考えておくべき予算について

気を付けてほしいこと

アウグーリオはまだ若い店ということもあり、大ベテランのロードバイク乗りが集まるというよりは比較的最近乗り始めたという人が多いようです。また、最近はロードバイクの人気が上がってきているため「初めてロードバイクを買いたいのですが」と言って訪ねてくる人も多いようです。

よく、初めてロードバイクを買おうかと悩んでいる人は「インターネットで調べるとロードバイクを購入するならば最低でもこれくらいの金額は出さないといけないと書いてありましたがそうなのでしょうか」ということが多いようです。ちょうど店にいて聞き耳を立てていると大体8万円とか10万円とかが基準として挙げられているようですね。

仮にここではロードバイクとしての性能をきちんと備えたロードバイクの完成車は10万円出さなければ買えなかったとします。普通一般人からすれば自転車などは3~4万円も出せば高級なものであり、たかが自転車に10万円も出すとなると買おうかどうか本気で悩むことでしょう。もし、悩みに悩んでそれでもロードバイクに乗ってみたいと考えていよいよ決意を固めたとき、先に考えておくべき、注意すべきことがあります。

それは「予算10万円では足りない」ということです。

自分でショップに足を運びちょうど10万円で気に入ったロードバイクが見つかったとしても、10万円では足りません。なぜかというと「その他の装備品」というのがロードバイクを購入する際には必要になってくるからです。

私はこのことを全く考えずにロードバイクを買ってしまいあとで気づいてもう少しよく予算については考えておけばよかったと反省したものです。私の場合ですと15万円の完成車を購入し、この15万円が自転車に出せるギリギリでした。しかし、実際に乗り始めてみると後から後から必要なものというのが増えていったのです。

具体的に必要なものを考えていきましょう。

まずはロードバイクには「スタンド」というものがありません。舗装路をいかに速く走るかを考えて作られているため極限までスリム化しているからです。そのため、自転車を室内などに保管する際には自転車立てとなるものが必要になってきます。壁に立てかけてもいいかもしれませんが足が当たってこかしてしまうと非常に後悔することになるでしょう。

そのほか、ライトも必要でしょう。暗い中スピードを出して走る可能性もあるわけでライトが無いと危険極まりないですから。また、ロードバイクに乗る際にはヘルメットも必要になります。かぶっていない人もいますが必ずつけてほしいところです。

他にもパンクする可能性があり、出かけた先でパンクしたときに自分で直せるようにしておく必要があります。パンクを直すというよりはチューブを交換したほうが早いのですが、そのためには替えのチューブが必要になります。またチューブを変えるためにはタイヤレバーや携帯ポンプも必要になってきます。また、これらの道具を入れるためにもサドルバックがあったほうがいいでしょう。

携帯ポンプの話が出ましたが、ロードバイクではチューブのバルブの形状が普通の自転車とは異なります。仏式のバルブが多いのですが、これは普通の空気入れでは空気を入れることができません。そのため、ロードバイク用(仏式用)の空気入れというのも必要になってきます。

後はそれなりに距離を走るようになってきてからですが、距離がのびるほどお尻の痛みが気になるようになると思います。その際はレーサーパンツの一枚でも必要になってくるかもしれません。

それ以外としては自転車を少し停めておくだけでも盗難にあっては困りますので鍵くらいは用意する必要もあります。

以上、とりあえず思いついたものだけでもざっと書いてみました。普通ママチャリを買うときには自転車本体を買えばそれでおしまいですが、ロードバイクを買うとそのほかに必要なものというのが次々出てきます。これらを大まかな値段で見ておきましょう。

品目 値段(円)
スタンド 2000
ライト 2000
ヘルメット 10000
チューブ 300
タイヤレバー 1000
携帯ポンプ 2000
サドルバック 2500
空気入れ 3500
レーサーパンツ 5000
1000
合計 29300

以上のようになんだかんだで3万円近くはかかってくるかと思います。もちろんなくても自転車は走れますし、もっと安い金額で買えるものもありますのであくまでも参考金額という意味でしかありませんが、当初の予算を10万円で組んでいて完成車に10万円使ってしまうのはまずいというのがわかるかと思います。

ヘルメットやレーパンなんかいらないぜ!遠くに行かないからパンク対策も必要ないよという人もいるかもしれません。しかし、もうそうならばロードバイクを購入する必要もないのではないかということになってしまいます。その乗り方ならばもっと安くていいクロスバイクでも購入したほうが断然使い勝手がいいことでしょう。

ネットでロードバイクの予算を検討されている人は購入を決める前にもう一度何が必要になってくるかをきちんと考えて予算を組むようにしておいたほうがよいでしょう。