自転車の盗難に備えて保険に入ろう

盗難に備える

スマートフォンを購入してからいろいろと自転車についての保険についても関心が向くようになってきました。

私はauにてスマートフォンを購入したのですが、auスマートパスに加入すれば自転車特約が付くようです。また、この特約は無料のものですがさらに充実した保険としてau損保から出ている保険などもありました。

さて、それ以外にもついでなのでau損保の中の保険についてパラパラとみていったところ面白そうな保険がありました。

それは「Myスマート保険スポーツプラン」というものです。

この保険はスポーツをしていて怪我や入院をした場合に支払われる保険なのですが、この中に携行品損害補償というものがあります。この携行品損害補償では「持ち物を誤って落として壊れた、または盗すまれた」場合の補償だそうで掛け金によって「10万円・15万円・30万円」の保証があるようです。

さらにみてみると保険金を支払う場合は「被保険者が居住する住宅(敷地内を含みます)の外で、偶然な事故により、被保険者の携行している被保険者所有の身の回り品に損害が発生した場合」と書かれています。身の回り品といってもすべてのものを保証しているわけではないようですが、商品改定のお知らせでは下記の身の回り品についてが保険の対象外となるとされていました。

  • サーフボード・ウインドサーフィンおよびこれらの付属品
  • 携帯電話(スマートフォン、PHSを含む)等の携帯式通信機器およびこれらの付属品
  • ノート型パソコン・ワープロ等の携帯式電子事務機器およびこれらの付属品
  • つり具(つり竿・竿掛け・竿袋・リール・ルアー・つり具入れ・クーラー・びく・たも網・救命胴衣・胴付長靴およびこれらに類似のつり用に設計された用具をいいます。)

これを見る限り自転車は対象外にはなっていないようですね。

自転車の盗難保険は数が少なく、またあったとしても購入した店で1年間の盗難補償の掛け捨てタイプなどが多いようです。

ロードバイクは決して安い品物ではなく、鍵をかけていても盗まれるときにはあっという間に持っていかれてしまう危険性もありますので、こういう保険に入っておいてもいいのかなと思いました。

しかし、マイホームなどを持っている人は当然火災保険に加入しているでしょうが、この火災保険の家財の盗難補償に自転車が含まれる場合もあるようです。火災保険がある人はまずそちらをチェックしておいたほうがいいかもしれません(火災保険での自転車盗難補償)。