示談交渉サービスのある自転車保険について

示談交渉

以前、au損保の自転車保険について書いたことがありました。これは値段としても悪くなく入ってみようかなと思ったのですが、よく考えると自転車で誰かと事故を起こした時に行う示談の交渉を自分で行う必要があるというのがネックになっていました。

というのも、知人が自転車で事故を起こした時に示談交渉代行のサービスがついていて助かったという話を聞いたからです。

その事故は知人の子供さんがママチャリにのって走っていたときに歩いている高齢の女性にぶつかってしまったのです。不幸中の幸いといっては何ですが最近は自転車の死亡事故がニュースになったりしますが、このケースでは相手の女性が軽症で済んだといいます。

しかし、この後いくつか保険の手続きについて面倒な作業があったといいます。子供が起こした事故ですが家族全員の自転車の事故に対する保険(特約)に入っていたそうです。しかし、この時調べてみると自転車事故に関する保険に2つ入っていることがわかりました。

保険に2つ入っていて事故が起きた場合には2つの保険会社と話をして賠償についても2つのところから行うことになるようです。この際、片方の保険には示談交渉サービスがついていたため、被害者の女性との交渉ともう一つの保険会社の交渉についてもそのサービスで対応できたということです。

もし、示談交渉サービスが無かったらすべての話し合いを自分で行う必要が出てくるようです。この大変さを考えるとやはり示談交渉サービスはあったほうがいいのかなと思いました。

ちなみに軽症で済んだこのケースの賠償額は10万円は超えていたようです。やはり保険にはしっかりと入っていたほうがいいなとも思いました。

さて、au損保ではこのサービスがついていませんでしたので少しネットで探してみました。

簡単に探した中では「e保険ストア」の自転車向け保険が示談交渉サービスがついており、しかも保険金額はau損保と大差ないのでいいのではないかなと思いました。

当然事故を起こさないように走るのが大切ですが、こういうのにも入っておくのがロードバイクに乗る以上必要かなと思いました。