メール便は危険

うその報告

先日あった怖い話。

ある品物をアマゾンで注文し、小さなものなのでメール便にて配達してもらうことにしました。しかし、しばらく家を空けることになってしまいメール便はポストに入れるということになりました。

で、家に帰ってきて届いているであろう品物を取ろうとしたらポストにはメール便がありませんでした。これはどうしたことだと思い、ネットで配達記録を確認すると数日前に配達完了となっています。ポストには鍵がかかっていますが、もしかしたら無理やり指でも突っ込んで盗んで行かれたか、という考えが頭によぎりました。

しかし、ないものはないのでとりあえずアマゾンへ報告。配達記録では届けたことになっているものがありませんというと、とりあえず同じ品を届けてもらえることになりました。

ここまでならば、こういうこともあるさとすぐに忘れてしまう出来事なのですが、その後少しおかしなことになりました。

まず、数日後に品物が届けられたのでほっとしていたのですが、その2日後にもう一度メール便の配達員がやってきてインターホンを押してきました。話を聞くと2日前に届けたものと同じものをもう一度ポストに投函してしまったので返してほしいというのです(ポストに鍵がかかっていて配達員には取れないため)。

「あれ、それではこの間届いた商品は何だったんだろう」と考えます。まあ2つ同じものがあっても仕方ないですし、素直に鍵を開けて返品することになりました。ついでにこの時に「しっかりと届けてくれないと」というと「以前来た時にポストの場所がわからなかったからそのまま帰った」などと言うのです。

ですが、その後アマゾンから電話があり、商品の配達についてこう言ってきました。最初届いていなかった商品について配達員に確認してみるとその配達員は「届けに行って、ポストにではなくその家の女性に手渡した」と証言しているというのです。当然ながら荷物は届いていませんでしたし、そもそもそこに女性は一人もいないはずなので渡せるはずがありません。明らかに届けていないものを届けたと嘘を言っているのです。

なぜ、こんな意味の分からない嘘を言ったりしたのかはわかりません。しかし、これであまり信用はしていなかったメール便に対してさらに不信感を抱くようになってしまいました。

今回はアマゾンがしっかりと対応してくれたのでまだよかったです。しかし、ロードバイクのパーツなどはネットオークションで購入することもあります。その際は安く済ませるために小さなパーツはメール便で配送するようにすることも多いですがこれがいかに危険なのかがわかったような気がします。やはり「物を運ぶ」というのは信頼できる所にすべきだなと思う出来事でした。