自転車で信号を無視すれば5万円の罰金

東京地検の判断

最近、東京地検が自転車についてこんなことを言っているようです。

近年の自転車事故の増加を問題視して自転車事故を起こした者には罰金を求めて略式起訴を行うということです。今までであれば自転車で事故などを起こしたケースでは不起訴処分としていました。

これは自動車であれば反則金の制度があるのですが自転車にはないため検察が起訴すると前科までがついてしまうためです。自動車の場合と比べると自転車のほうが信号無視の罰が重たくなってしまうというのはあまりにも不公平ということで不起訴となっていました。それをこれからは積極的に略式起訴を行っていくというのです。

もう少し具体的にどのようなことで起訴されてしまうかというと、2人乗りや携帯電話を使用しながらなど安全への配慮を欠いた運転をしたうえで、さらに信号を無視し、事故を引き起こしそうになったケースが例として挙げられています。これを2回以上繰り返した場合、原則略式起訴することになるみたいです。

また、これは信号無視を行った場合であり、もしこの信号無視で事故を引き起こせば業務上過失致死にも問われることにもなる可能性があります。

道路交通法ではもともと自転車で信号無視をした場合には懲役3か月または5万円以下の罰金と定められていますので、おそらくは5万円の罰金になるのでしょう。

今までは東京都議会などが自転車の免許制やなんやと息巻いていたので、信号無視も危ないかなと思っていましたがついに来たかという感じです。

最近は自転車事故の増加やテレビでの報道、ランス・アームストロングのドーピングなどで一般人に対する自転車への風当たりは強くなってきているように感じます。この信号無視の件では「悪質な場合は取り締まりもやむなし」という意見もあるかもしれませんが、やはり自転車で前科までつけるというのはやりすぎではないかという気がしてしまいます。

また、問題はこれだけにはとどまらないかもしれないというのが気になります。例えば東京地検はブレーキのない自転車で走行する違反常習者に対しても略式起訴を行う方向で検討しているといいます。それ以外にも自転車全般に対して厳罰化が進む流れとなっています。

基本的には東京で行われることは地方にも広がっていくので私の住む大阪なども関係してくるかもしれません。もしかすると、さらに厳罰化が広がって、「サイクリングロードでのスピードの出しすぎ自転車は罰金」などになったりしないだろうかと危惧しています。これからもしっかりと自転車規制については目を光らせておく必要があるかなと思いました。

参照