面白い放置自転車対策

放置自転車を減らせ

ロードバイクの普及率は今一つの日本ですが、それでも世界的に見てみると自転車大国といわれています。ほとんどの国民が自転車に乗ることができ、たいていの道路は舗装されているからです。

しかし、そんな日本では問題となる自転車も存在し、その中でも「放置自転車」というのは日常生活でもよく取り上げられています。

この放置自転車は駅などの近くの歩道や車道など、駐輪場以外のところに勝手に停めている自転車ですが人間の悪い癖が出るのか、一度発生すると次から次へとその量が増えていき減らすことは非常に困難な課題となってしまいます。

通常であればこの放置自転車の対策としては「撤去」が行われています。つまり、勝手に停めてある自転車を行政側が持って行ってしまうことで、放置自転車を減らすとともに今後の防止としようというものです。

ですが、実際にはいくら撤去しても次々と停められしまいいたちごっこのようになってしまい、撤去そのものも費用が掛かるということで問題となっています。

そんな中で最近面白い放置自転車対策があることを知りました。それは「絵」を使って「心」に訴えることで放置自転車を減らそうという試みです。

その対策は横浜市のとある駅前に以前から問題になっていた大量の放置自転車を減らすため、その地域の未来を想像した絵を小学生に描いてもらい、それを道路に貼るというものです。

この対策法では地域の子供たちが思いを込めて描いた絵を地面に貼っておくことで、放置自転車をする人に「願いを込められた絵を踏みつけないで」とアピールすることで放置自転車を少しでも減らそうというのだそうです。

実際の効果は「放置自転車がなくなっているわけではないが、減ってきているように思う」とのこと。実際の数値として表れてくれば面白いなと思いました。

ただ機械的に撤去していっても「運が悪かった」「皆やっているのに何で私だけ」などと考える人がほとんどでしょうから、このような方法で効果が出て自主的に自転車の放置をやめてもらえるようにするという狙いは非常にいいと思います。

しかし、私の住む大阪ではとあるボクシングジムの会長が毎朝放置自転車をきれいに整理しているという美談がテレビで流れても一向に減らなかったという過去があります。児童画作戦はどの程度の効果があるのかなという疑問もありますが、果たしてどうなるかなと思いました。

参照:放置自転車、絵で撲滅目指す 新羽駅前/横浜