ロードバイク乗りがすね毛を剃る理由について

すね毛剃り

ロードバイクを購入して乗り回し始めてから一番驚いたというか不思議に感じた慣習に「すね毛剃り」というものがあります。

いろいろ調べているとロードバイクに乗っている人の中ではすね毛を剃るというのが当たり前のように行われているみたいです。特に昔からやっている人はその率が高いようで、私のように近年になってから始めた人間は「剃ったほうがいいのか?剃るべきなのか?」と悩んでしまいます。

そこでいったいなぜすね毛を剃るのかインターネットを駆使して調べてみました。簡単に紹介しておこうと思います。もしかしたらここに紹介する以外にも別の理由があるかもしれません。

1.空気抵抗を減らす

私が一番最初に知った理由。ロードバイクは速度域が上がれば上がるほど空気抵抗との戦いとなってきます。そのため、乗車姿勢やパーツのエアロ化などさまざまな空気抵抗への対策がロードバイクには施されてきました。

しかし、それでもまだ足りないと感じたのか、自身の脚の脛に生えているすね毛も空気抵抗になりうるとしてこれをきれいに剃ることによってわずかでも速く走ろうと試みたといわれています。

そのためレースが行われる時期には必ず剃るといわれています。

2.怪我の予防

ロードバイクに乗っていると「転倒」してしまうことがあります。これはどれほど上級者であってもある程度避けられないことで、むしろ速く走れる人ほど怪我の具合がひどくなってしまうかもしれません。

そして、転倒してけがをする中で一番多いのが擦り傷であり、この擦り傷は衣服の外に出ている腕や脚が特にひどくなってしまいます。

転倒して脚に擦り傷を負ったときに、脚のすね毛をきちんと処理していなかった場合には怪我をした皮膚の中にすね毛が入り込んでしまい治癒を遅らせてしまうこともあります。そこでロードバイクに乗るときにはきちんとすね毛を処理しておくことで、万が一転倒して怪我をしても治りが速いようにという意味ですね毛を剃っておく必要があるといわれています。

3.気合を入れる

レースに参加する人などに多い理由かもしれません。すね毛の処理ですが主にタイツを履く時期には行われません。そして、気温が高くなってくる春などにタイツから短いレーパンへと変わる際にすね毛を処理します。

これはつまり、レースが行われる時期の少し前からすね毛を剃ることになります。これが習慣になっていて、すね毛の処理をすることでレースへのモチベーションが高まるといわれています。また、いざレースの前日などになった時に再度、すね毛の処理をすることで翌日へ向けて気合を入れなおすという意味合いもあるそうです。

4.見た目の問題

通常、男がきれいにすね毛を剃っていたりすれば「なんでそんなことをしているの?」と不思議がられてしまいます。

しかし、ロードバイクに乗ってサイクルジャージとレーパンを身にまとって気合十分に乗っている人の脚がすね毛で毛むくじゃらであれば少し見た目が悪いとロードバイク乗りの間では評判が悪いのです。

つまり、常時脛をさらしながらいる格好をしているからこそ、スタイリッシュに見えるようにすね毛を剃るという意見もあるようです。

5.マッサージしやすいように

日本でマッサージと言えば服の上からモミモミと込んでもらう方法をイメージされるかもしれません。しかし、欧州では通常マッサージを行うときはオイルなどを使用して指を滑らせていくようにします。

ロードバイク乗りも脚を酷使するためにレースやトレーニング後にはマッサージを行うのですが、この際すね毛などはきちんと処理してなくしておいたほうがオイルも塗りやすく、指も滑らかに滑らせることができます。

つまり、体のケアを行うためにすね毛を剃っているのです。

6.チェーンリングに絡まないように

これは人によるかもしれません。すね毛が長かったり剛毛の人の中にはロードバイクに乗っていて走っている時にすね毛がチェーンリングに巻き込まれてしまうことがあるようです。

私は経験がないのでわかりませんが、イメージしただけでもかなり痛そうですね。これらを予防するためにもすね毛を処理しているのだそうです。

7.後に引けない

理由とは少し違うかもしれませんが、一度すね毛を剃ってしまうと後に引けなくなってしまうという面もあるようです。

もしも試しに剃ってみるとなっても、まさか一部分や片脚だけを剃るわけにもいきません。必ず両脚とも剃ることになります。

また、一度剃ってしまってもすね毛は再び生えてきます。その生えかけのすね毛は見た目には格好悪いですし、スーツの下で擦れても気持ち悪いということもあり当面は剃り続けなければならなくなってしまいます。

以上がすね毛を剃る主な理由です。いろいろといわれていますが、日本国内でロードバイクに乗っている人のほとんどは趣味の人であることから、4番目の理由の「見た目」が一番の理由ではないかといわれています。

ちなみにすね毛の剃り方ですが春先に一度剃刀を利用してきれいに剃ってしまい、それ以後はシェーバーを使って簡単に処理していくのが一番やりやすいといわれています。

いろいろと理由を並べましたが結局のところやるかやらないかは人それぞれですので、無理にする必要は全くありません。