小径車についてあれこれ聞いた話

小径車について

最近複数の知り合いが小径車に乗って、その感想を聞くことができたので少しまとめてみようかと思います。

小径車というのはズバリ、ホイールの直径が小さい自転車なのですが、今回はこの小径車にロードバイク用のドロップハンドルをつけて乗っている人の感想です。

まず、私自身は小径車には乗ったことがありません(知人のを借りてほんの少し乗らしてもらったことはありますが)。そこで、第一に気になっている「小径車のスピードというのはどれくらいか」ということを聞いてみました。

帰ってきた答えとしては「思っているよりも速い」とのことです。わかるようなわからないような回答ですね。

アウグーリオの住田さんの話では、小径車でも40㎞/h以上は出せるとのこと。これはコンパクトクランクを使用しての話です。コンパクトでなければもっと速度も上がるのでしょう。しかし、巡航するとなると話は変わってきます。

それはホイールが小さいためにアウターに入れてもロードバイクと同じような距離を移動するためには余計にクランクを回転させなければならないということ。つまり、自然と高回転ペダリングを行うことになってしまうそうです。

これはつまり、心拍系にダメージが行くことになります。そのためにスピードを一過性に上げることができても、それを長続きさせるのは至難の業というわけです。

また、自転車歴の短い小径車乗りに話を聞くと、道路がきれいに整備されていて進行方向に対して抵抗になる風がないならば28㎞/hは可能であるとも聞きました。

これを聞くと、初心者でもなかなかいいペースで走ることができるのだなと思いました。しかし、彼は次のようなことも言っています。

小径車の場合少しでも路面がガタガタと凹凸があるようならば一気にスピードが落ちてしまうそうです。また、一度スピードが落ちてしまうともう一度高速巡航に移行するにはかなりのエネルギーを使ってしまうようです。

これはロードバイクにしか乗ったことのない私には考え付かない小径車の弱点でした。確かに、タイヤが一周する距離が短いのですから同じような凹凸でもホイールの大きなロードバイクとは影響が全く違うのはその通りだと思います。

これと同じように、向かい風がきつくなったときは小径車は大変なようです。これまた一気にスピードが落ちてしまい、向かい風が続くようならその中を進むだけでもかなり大変だとか。

そのほかに以前から私が気になっていた山での走りはどうなるのか聞いてみました。これは少し意外だったのですが、車輪が小さい分上るだけならケイデンスを維持しやすく上りやすいとのこと。この意見を聞くまではてっきり坂を走るのは苦手なのではないかと思っていました。

このことから小径車は高ケイデンスタイプの人が乗ると乗りやすいのかなという印象を受けました。

また、山といえば登りだけでなく下りも走らなければなりません。これについては、小径車は安定性がロードバイクよりも悪いためスピードを出すのは危険であると住田さんに忠告を受けました。確かに安定性の悪さは先ほどのちょっとした路面での影響が大きく出るという話からも下りは特に気を付けなければいけなさそうです。

今回は小径車について話を聞いたのですが、やはり自分で乗ってみることでも違いが分かることというのがありそうです。一度乗ってみたいです。割とスピードを出すことが可能なようなので大阪の町中ならば小径車でも十分な性能を発揮して活躍してくれそうな気がします。