ロードバイクショップのロードバイクの入荷と販売価格について

ロードバイクの販売

数年前にアウグーリオの住田さんから聞いた話。ふと思い出したので書いてみることにします。

アウグーリオはロードバイクショップとしてロードバイクを専門に扱って販売しています。この販売方法について少し話を聞く機会がありました。ここでは基本的にロードバイクのもっとも根幹となるフレームについての話になります。

まず、ロードバイクのフレームなどの中にはインターネットで販売禁止のものがあります。安いフレームならばいくらでもネットで売っていますが、大手の有名ブランドから出ているフレームでそれをされるとブランドの価値が下がってしまうということでネット販売を禁止されているのです。

そのため、正規のルートで有名ブランドのフレームを購入したければきちんと取り扱っているショップに行って購入することになります(海外からの個人輸入は別として)。もしも、ネットで出回っているものがあるとすれば怪しい品物であると判断して間違いないといいます。

さて、このブランド価値を高める戦略ですがネット販売禁止のほかにももう一つ大手ブランドは対策を施しています。すなわち「価格」についてのイメージです。

ロードバイクのフレームは自転車の部品としては一般人から見ると考えられない金額がつけられています。一般人から見ればたかがフレームだけに10万円と言ったら「高すぎる」となってしまいますが、ロードバイク乗りにとっては「20~30万円は安い部類」などと言ってしまう人もいます。

そして重要なのがロードバイクの金額は大体性能が上がるほうが高額になっていくというのが当たり前だということです。これは実際に購入すれば自身で体感することになりますが、高いフレームを使ったほうが楽に速く走れるというのは間違いありません(高額フレームに乗ればほかの人より速く走れるというわけでもありませんが)。

このことから逆に「安いフレームは性能が低い」とみられてしまうため、ブランド側としてはショップに安売りされてしまってはブランドイメージの低下につながってしまうため困るのです。

そこでブランド側がとっている作戦は「値段はブランド側が決める」というものだそうです。どのフレームをショップでいくらの値段で販売していいかの決定権はブランド側にあるようで、もし仮に売れ残ってしまった場合でも勝手に値段を下げて在庫処分するというわけにはいかないようです。

また、値段の決定に関しては「たくさん在庫を抱えるほど値段を下げて売ることができる」というシステムになっているようです。つまり個人商店としてブランドから5個のフレームを購入して販売するのと、大手ショップが50個のフレームを購入して販売する場合では大手ショップのほうが安く売ることができるようです。この個数もブランド側が1セット何個と決めているのでショップはどうするか非常に悩むところだといいます。

大手ショップといえどもすべてのブランドのものをそろえるのは困難なことになるので、自然と特定のブランドのものを大量に販売するという形態になってしまうようです。大阪でいえばウエムラパーツなどがその例でしょうか。

そして、基本的にはブランド側からフレームを買い取って販売するようなシステムなので、売れなかった場合はすべての損をかぶってしまうのですが、だからと言って少数だけをそろえるというわけにもいかないようです。

なぜかというと、フレームなどはメーカー展示会などで来年度などの商品を見てそこで発注し、その商品が届くのは半年から1年後になるからです。店舗に在庫がなくなったからと言ってすぐに発注をかけても届かないのです。そこで、どの商品がどのくらい売れるかを半年後や1年後のことを予想して発注をかけざるを得ないということだそうです。

話を聞いているとブランド側は損をしないようにしっかりとしたシステムを構築されてしまっているんだなと思いました。なかなか興味深い話で面白かったです。安さを求めるならば海外からの個人輸入が圧倒的に安上がりですが、トラブルも存在します。その対応についてを考えると国内のショップで購入するのがよさそうですが、この際は取り扱いの多い大手ショップのほうが安く変えるということになります。しかし、最終的には値段そのものよりも売り手と買い手の信頼関係が重要になるかとも思います。ブランド側がネット販売を禁止して対面販売のみにさせているのもまさにこの点を重視しているといえるでしょう。