ロードバイクのハンドルのポジションは「楽な姿勢」を心がけることが大切

自分に合ったポジションを

ロードバイクにはまるといろいろとあちこちをいじりたくなるものです。その中でも、ロードバイクに乗る姿勢、つまりポジションを出すのはかなりの時間を費やします。

ポジション出しで一番気を使うのはサドルの位置ですが、そのほかにもよく言われるところとして「ハンドル部分」があります。

ハンドルのポジションについてはハンドルとステムが関係しています。これもかなりいろいろと悩んでしまう部分だと思います。

ハンドルの位置調整については昔からロードバイク乗りには「ハンドルは遠く低い位置にあるほうがいい」とされています。これは簡単に言ってしまえばステムが長くて、サドルとハンドルの高さの落差があるほうがいいというものです。

実際、多くの人は乗り慣れてくるとそのような形にするようです。

しかし、これはあまり当てはまらないケースも相当数あるといいます。というのは、あくまでもハンドルが遠く低くするのはそれが「格好いい」からという側面も大きいからです。ベテランライダーならばともかく、ほとんどの趣味ライダーがそれを見て真似てみたところで速くなることはあまりありません。

国内のプロ選手として活動している山本和弘選手も今年の春ごろには一度ハンドルを遠く低くしてみましたが、今はステムを短くしたといっています(参照記事)。山本選手はもともとMTBの選手として活動していましたが、ロードバイクの選手として活動を始めた際、ロードでのレーススピードに対応するために遠く低くやってみたそうです。

しかし、これは自分の現状の体ではうまくパワーを引き出せなかったといいます。これはもともとMTBに乗っていたため上体を起こしている姿勢に体が慣れていたため、無理に上体を下げるようなハンドル位置では体が使えなかったということのようです。このことから、ハンドル位置で一番重要なのは「自分が乗っていて楽なポジション」で一番パワーを出せるようにするのが大切だといっています。

ロードバイク初心者も多くはママチャリやクロスバイクなどに乗っていてドロップハンドルには馴染みがないため上体は少し上がった状態のほうが楽に乗れることは間違いありません。単に「ハンドルは遠く低いほうがいい」と聞いたからと言ってそれを実行してもうまくいかないでしょう。

かくいう私も初めて買ったロードバイクには100mmのステムがついていたのですが、1年ほど乗った時に120mmのステムに交換してみました。しかし、やはり体に少し無理がかかっているように感じて元に戻した経験があります。あまり無理して速く走ろうと考えず、楽に乗ろうとしたほうが結局は楽に体力を使わず長距離を走りきることができると思います。