ロードバイクの重心はどこか知らない人は意外と多い

バランスを取るために重心がどこか知っておく

ロードバイクというのは乗るだけならば誰にでもできますが、走りを極めるのはかなり難しい乗り物です。

なぜ難しいのかというと、そもそも自転車という乗り物がきわめて不安定なものであるという点にあります。

自転車は前後の車輪のみが地面と接しているだけの状態で走ることになります。この前後2点だけというのは不安定で本来は自立するものではありません。ではなぜ自転車が倒れないのかというと上に乗っている人間がバランスを取っているからです。

人間の能力の素晴らしいところはこの不安定な状態の乗り物でバランスを取ることをほとんどの人間ができ、しかも一度できればほぼ無意識に行えるということです。しかし、無意識にできるがゆえにあまり深く考えないようになってしまう傾向があります。

自転車は上に乗っている人間がバランスをとる以外にもフロントフォークの角度でハンドルを切れば車体の傾きを修整できるような構造になっていたり、ホイールを回した時のジャイロ効果で安定性を高めることによっても倒れずに走れるようになっています。

しかし、本当に極めた人間であれば自転車が全く進んでいない状態でも倒れずに脚もつかずにそのまま停止することができるのです。

どうすればそのようなことができるのか知るためには「自転車の重心」をきっちりと知っておく必要があります。

ロードバイクの重心というのはどこにあるのでしょうか。これは意外と知らないというか間違って認識している人も多いと思います。私も最初は間違っていました。

正解はロードバイクの重心はBB(ボトムブラケット)から3時の位置のペダルの中間くらいにあたります。クランクの半分程度の位置と考えればいいでしょう。「ロードバイクの重心はBBである」と思っていればそれは間違いです。

どうしてBBよりも前方がロードバイクの重心なのでしょうか。それはロードバイクの作りにあるようです。

SONY DSC

基本的にBBから後輪のハブまでの長さは40cmで、BBから前輪のハブの長さは60cmになります。メーカーによって多少の違いはあるようですが、ロードバイクではほとんどこのようになっています。

つまり、前輪と後輪の中間にあるのではなく、中間よりも10cm後ろのあることになるのです。そのため重心はどこになるのかというとBBよりも10cm前であり、クランクの長さがおおよそ17cmですのでクランクの半分程度というわけになります。

このことからロードバイクに乗るときにはBBを意識しすぎて乗ってしまうと自然と重心のバランスが後ろになった状態で乗っていることになってしまい、結果として安定しない乗り方になってしまいます。特に登りや下りなどで斜度があるところなどではこの重心の取り方が悪いとスピードが出ないことになりますし、スピードの出た下りでは危険を伴うケースも出てきます。

もし、重心の位置を勘違いしている場合はきちっと知っておくだけでも走りが変わるかもしれません。