ロードバイクの停車中の正しい足の着き方

足をつく方法

ロードバイクは2つのホイールのみが地面と接しているだけですので、非常に不安定な乗り物です。そのため、家を出発して走りに行き帰ってくるまでには必ず足をつく機会があると思います。

本当に自転車を乗りこなしている人であれば自転車が止まっていても足をつかずにバランスを保ってそのままの姿勢でいられる様ですが、ほとんどの人は信号待ちで止まるときなど足をつくことになります。しかし、ロードバイクでビンディングペダルを使用している場合は両足とも地面につけるのは面倒なので片足のみのクリートを外して足をつくことになると思います。

その際、ほとんどの人は左脚のクリートを外して足を一歩前におろすようにして地面に足をつきます。つまり一度サドルから降りてトップチューブをまたがるようにして立つということになります。

足の着き方2

しかし、こうすると信号が変わり出発するときにはもう一度お尻をあげてペダルを踏みなおして発射するという手間が必要になります。そこで信号待ちのように比較的短時間の停車のときであれば次のような足の着き方のほうがいいかもしれません。

お尻を下さずにサドルにまたがったまま足をつくのです。

足の着き方1

ですが、ロードバイクは基本的にフレームのサイズが大きいためこの方法で足をつくには少しコツが必要になります。単にサドルに座ったまま足をつこうとしても地面に届かないか、届いてもギリギリ爪先立ち程度にしかなりません。その状態では不安定になってしまいますので次のことに気をつけましょう。

それはクリートを外していないほうの脚を1時の位置にペダルを持ってくるのです。このように地面につかないほうの足を高い位置に持ってくると骨盤に角度ができるためにその反対側(地面につく側)の骨盤が下がり、結果として地面に足がつきやすくなります。この方法であればつま先からかかとまで地面に届きますので決して不安定になることはありません。

ちなみに足が地面につく場所はペダルよりも少し後方になると思います。サドルからお尻を下した時は前のほうに足をつきますがその位置には足をおろしません。

なぜ、信号待ちの時にこの停車方法がいいのかと言えば地面についていないほうの脚が必ず1時の位置にあるため、すぐに踏み出しやすくリスタートしやすいのです。トップチューブをまたいだ状態ではペダルに置いた足もほぼ下死点の位置(できても3時の位置)にあるため踏み出しのストロークが違ってきます。結果としてスピードの乗りも変わってくることになります。

ちなみに日本人は左足を地面につける人がほとんどのようで、私もそうなのですが、本当は両方ともバランスよくやるほうがいいようです。若干ですが臀筋などに左右差ができてしまうのでペダリングにも影響が出るのだとか。これからは気を付けていこうと思います。