自転車の正しい右折方法について

道交法

ロードバイクを含めた自転車は法律では軽車両とあらわされ、基本的には車と同じような扱いになるため車道を走ることになります。

当然車道には交差点があり、信号機があり、といろいろな条件がありますのでそれらの条件に合わせて安全を保つうえでも決められた交通ルールを守る必要があります。

しかし、ここでややこしいのが自転車は車と同じ扱いといっても軽車両なのでいろいろと相違点があるのです。また、さらに原動機付き自転車(原付)とも扱いが異なるためわかっているようで実は知らない交通ルールというのがあるかもしれません。

そこで今回は自転車の交差点における右折方法についての話になります。

まず、大原則として道路交通法上、自転車は軽車両と位置づけられていますので、他の車両と同様に道路標識・標示のあるところでは、その効力に従う義務があります。一時停止標識のある交差点では、停止線の直前で一旦停止し、左右の安全を確認した後、発進しなければなりません。

道交法上では右折方法には2種類存在し、「小回り右折」と「二段階右折」というものが存在します。小回り右折は自動車のように交差点を斜めに右折する方法で、二段階右折進行車道の左端から一旦交叉点を直進し、渡った先で方向を右に変え、右折先の信号が青になってから直進することになります。

二段階右折

私の父などはかつてこの二段階右折のことを理解しておらず、交差点を原付で小回り右折した際に違反となってしまったことがありました。昔にはなかった右折方法らしいですが、最近では結構徹底されていますので知らない人もあまりいないでしょう。

この二段階右折ですが、自転車(軽車両)の場合は「無条件で行う」必要があります。これが原付とは違う点で原付の場合は以下の条件下でのみ二段階右折を行うことになります。

  • 信号がある
  • 二段階右折の標識がある交叉点
  • または現在走行している道路が三車線以上で、かつ二段階右折禁止の標識がない交叉点

この条件に当てはまるときには二段階右折を行い、それ以外の場合には小回り右折を行う必要があります。

自転車については道交法に「軽車両は、右折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、交差点の側端に沿つて徐行しなければならない。」とあるため、信号機のあるなしにかかわらず二段階右折を行うことになります。

また、「自転車は、前条に規定するもののほか、交差点を通行しようとする場合において、当該交差点又はその付近に自転車横断帯があるときは、第17条第4項並びに第34条第1項及び第3項の規定にかかわらず、当該自転車横断帯を進行しなければならない。」とあるため自転車横断帯を通行する必要がありますが、「交差点の外側」にある自転車横断帯の設置位置は、道交法でいうところの「付近」に当たらないため、通行義務がないという判決もあるようです。

二段階右折(自転車横断帯)

個人的に二段階右折については知ってはいましたが、原付とは条件が異なるということをしっかりと理解している人は少ないのではないかと感じます。小回り右折している自転車を見かけることもありますが、安全のためにも二段階右折を行ったほうがいいでしょう。

(参照)自転車の交通ルール:警視庁交差点の右折方法|自転車の道路交通法(交通ルール)