自転車は左折専用レーンを直進しなければならない

道路交通法の不思議

ロードバイクに乗るまでは自転車に乗っていてもほとんど気にしたことが無かった道路交通法ですが、やはりスピードの出るロードバイクに乗り始めると一歩間違えれば死亡事故につながってしまうため基本的なことは知っておかなければならないと思うようになりました。

といっても道交法については車の免許を取りに行ったときに得た知識程度しか持ち合わせておらず、そこまで詳しいわけではありません。実際にロードバイクに乗っていると「あれ、この走り方で本当にあっているんだろうか」と思うことがいくつかありました。以前書いた右折方法などもその一つです。

そして今回は以前より気になっていた「直進方法」についてです。

ロードバイクをはじめとした自転車は道交法上では「軽車両」として基本的には車と同じような扱いとみなされます。しかし、右折方法でもあったように交差点などでは車とも原付とも違った扱いをされる場合が存在します。

そして、そのほかにも交差点の中でもたまにある「左折専用レーン」についての自転車の走り方が以前より気になっていました。

左折専用レーンというのは正式には「左折車通行帯」というようです。これはある程度交通量の多い交差点などに設置されており、真っ直ぐに進む車と左折する車を交差点で別々の通行帯に分離することによって車の流れをスムーズにする働きがあります。

基本的には車は左折する車のみが左折車通行帯を進んで、それ以外の直進や右折車などがその通行帯よりも右側のレーンを進むことになります。

これだけを見ていると「自転車は車と同じ扱いだから、真っ直ぐに行きたい場合は左折専用レーンを進んではいけない」と思ってしまうのではないでしょうか。

特に通常の信号であればどちらを走っていても大差ないかもしれませんが、もしもその交差点の信号が方向指示器がついていた場合は自転車にとっては大変です。なぜなら直進したいのに左折専用レーンにいた状態で方向指示器が「←」を示してしまうと後ろから来る車の邪魔にしかならないからです。

そのため、私は今まで左折する車の邪魔にはならないように「車と同じような扱い」で自転車も直進レーンに来るようにしていました。

しかし、これは道交法では違反になるようです。

自転車は左折専用レーンを直進する

本来は自転車は左折専用レーンを直進しなければならないようで、直進レーンにいてはいけないのです。もしも、後ろから左折する車が来て危険を感じたときには自転車を押して歩道に上がれというのが警視庁の言い分になります。

そんなことをしていたら命がいくつあっても足りないのではないかと思ってしまわなくもありませんが、一応決まり事になっているようなので特にロードバイクに乗る人は知っておいたほうがいいかと思います。

また、この法律は車に乗っている人にも十分認知されておくべきことかなと感じました。少なくとも左折専用レーンにいる自転車が方向指示器が←に変わっても動かずにいたとしても「邪魔だ。轢かれたいのか」などと思わないようにしてもらう必要があるかなと思いました。