ロードバイク走行中の熱中症対策について

熱中症に気を付けよう

ロードバイクは購入しさえすればその場ですぐ誰にでも始められるスポーツなのですが、当然いくつか気を付けるべきことがあります。

その中でも下手をすると命にもかかわりかねないのが「熱中症」です。

ロードバイクはある程度慣れてくれば今までの自転車(ママチャリ)の常識では考えられないくらいの長距離を走ることができるようになるのですが、距離がのびるほど自然と走行時間も伸びてきます。

それはつまり、直射日光を浴び続ける時間が増えることを意味しますので熱中症になってしまう可能性も当然上がります。ちなみにかつては日射病などと言ったりもしましたが、部屋の中でもかかる人もいるということで熱中症という呼び方に変わっています。病態としては同じものを指しています。高齢者ですがすでに今年に入ってからも熱中症によって救急車で運ばれた人が出ているようです。

というわけで、ロードバイクに乗り始めた人もある程度その予防法について知っておきましょう。

まず、一番重要なのは「ヘルメットをかぶる」ことです。ヘルメットはその構造上から「転倒したときなどの衝撃から頭を守るもの」として考えてしまいますが、どちらかというと熱中症予防の意味合いのほうが大きいようです。

よく「自分は今まで転倒したことが無い」とか「そんなにスピードを出さないからヘルメットは必要ない」と考えてしまう人もいるのですが、転倒以外の危険として直射日光を防いでいるという重要な働きがありますので、必ずつけておいたほうがいいでしょう。

さて、ヘルメットをかぶっていればそれだけでいいかというとそうもいきません。それはロードバイクに乗っていると大量の汗をかくからです。この体から出てしまった汗は蒸発することで気化熱として体の温度を上げない働きをしてくれているのですが、当然のことながら肉体にある水分量には限りがあります。使った分の水分は走りながら水分補給をして補わなければなりません。

その際、可能であれば冷たい水分を取っていたほうがより体の熱を下げてくれます。ロードバイクの歴史はひたすらいかに軽量化するかを追求して進化し続けていましたが、たった一つの例外としてドリンクを入れるボトルだけは「重たくなってもいいから保冷効果の高いボトル」が必要とされてきたといわれています。

そのため水分補給は保冷効果のあるボトルを使用して、中には氷を入れたスポーツドリンクを飲むのがいいでしょう。蒸発していく汗の中には大量のミネラルがありますので、それを補うためにも普通の水だけではなくスポーツドリンクがいいと思います。

さて、普段走りながらの水分補給としてはスポーツドリンクでいいのですが、仮に熱中症になってしまった場合はスポーツドリンクよりもいいものがあります。それは「経口補水液」です。

経口補水液

経口補水液というのは点滴などに使用されるのと同じような働きがあり、熱中症になってしまった際には確実にこちらのほうが補水効果があるといわれています。しかし、コンビ人などではほとんど売っていないため町中のドラッグストアなどで買う必要があります。山の中などでは購入できないのが難点と言えるかもしれません。

山などで熱中症になった場合には一度自転車から降りて日陰に入り体を休めるようにしましょう。その際、近くに川や海、湖などがあればそこに飛び込むのがいいでしょう。

小笠原選手がブログで書いていましたが、普段からスイムを行うトライアスリートなどは結構抵抗なく自転車を降りて川などにつかることがあるといいます。しかし、私を含めロードバイク乗りはそのようなことは少ないかもしれません。ですが、体の熱が下がらない状態になっているのでそれを鎮めるためにも服を脱いでレーパンの身になって水につかっているだけでもかなり体調が違ってくるでしょう。

いろいろと書いてきましたがあくまでも軽い熱中症に対する予防や対処法ですので、体が動かせないなど重症の可能性があるときには迷わず救急車を呼ぶのが一番です。趣味で命を危険にさらさないように気を付けてロードバイクを楽しみましょう。