ロードバイクでの雨の日対策方法について

梅雨入り

今年もいよいよ梅雨の時期になってきました。

ロードバイクは外を走るため雨の多い梅雨の時期が嫌いな人は多いと思います。中にはロードバイクを全く乗らなくなってしまう人もいるようですが、逆に「雨が降っても濡れるだけだ」と言って気にせずに乗る人もいるようです。

私自身は風邪をひいたら困るということであまり雨の日は走ることはないのですが、ぬれた路面を走ることによって身につくバイクコントロールもあるということなのでたまには走りに行ってみようかなと思っています。

さて、そんな雨の日は通常のドライコンディションと異なる点に気を付けておく必要があるようなのでおさらいの意味も込めて書いておこうと思います。

まずはラインどり。濡れた個所では滑りやすく転倒する危険性が高まりますが、中でもマンホールと白線には要注意です。先日あった堺クリテリウムもいろいろなブログを見ているとみんなマンホールで滑って転倒してしまっていたようです。スピードの出るコーナーの先にマンホールがあることもあるので十分気をつけましょう。

次に空気圧もドライのときよりは少し減らしたほうがいいようです。グリップ力が出るのでしょう。ずぼらで面倒くさがりな私は今までいつも同じ空気圧を入れて走っていましたが、雨の中を走るならばきちんと走る前にこまめにチェックしておく必要がありそうです。

ブレーキングにも注意は必要です。誰しもが経験しますが、雨が降った時にはブレーキをかけてもいつもスッと止まるところがススススーと止まらずに進んでいきます。

これはブレーキシューが濡れたために起こるのですが、対応策はあるようです。ブレーキをかける前にブレーキシューがリムに触れるか触れないかという微妙な力加減でブレーキレバーを握っておき、ブレーキシューの表面から水分を飛ばしておくのです。そうすることによっていざブレーキをかけたときに自分の思ったイメージでブレーキすることができるようです。

雨の日に走るとただでさえブレーキシューの減りが早いですので特に下りがある場合には事前にシューの減り具合をチェックしておきましょう。

ほかにもいろいろありそうですが基本的なところはこんな感じでしょうか。事故にだけは気を付けて走りたいと思います。