カーボンフレームでチェーンが脱落したときに見ておくポイント

削れた痕

カーボンフレームというのは軽く、エアロ効果の高い形状に作りやすいという特徴があり、現在のロードバイクの中で高い地位を占めています。

速い人がカーボンフレームに乗ればまさに鬼に金棒といったところですが、趣味性の高いロードバイクでは私のように実力のない人間も物欲のみで購入してしまうことがあります。

さて、そんなカーボンフレームですが、数々のメリットのほかにもいくつかのデメリットが存在します。そして、なんといっても金属フレームに比べてダメージを受けやすいというのが最大の欠点と言えるでしょう。

よくあるのは落車したときにヒビが入ってそこから割れてしまうケースがあったり、立てかけていたロードバイクが風で倒れた拍子にエンドが折れてしまったりといったケースがあります。

それとは別にチェーンが脱落してしまった時にフレームに傷がつくということもあるようです。

先日、走っている時にフロントギアをアウターからインナーに落とした時にチェーンが脱落してしまいました。ちょうどBB側に落ちてしまったのですが、その際妙な引っかかり方をしたのか、元に戻そうとしてもびくともしないくらいガッチリとフレームとクランクに挟まってしまっていたのです。

ロングライドに出ていたときなのでクランクを外すこともできず、さてどうしたものかと途方に暮れてしまいました。しかし、ただ見ているだけでは解決しませんので覚悟を決めて力ずくでチェーンを引っ張り上げることにしました。すると、運よくガッチリと挟まったチェーンが外れてくれて、元に戻すことができ、そのまま帰ることができました。

よかったよかったと安心していたのですが、帰宅してから念のためにアウグーリオにてメンテナンスをお願いしました。するとそこで、フレームに傷がついていることを指摘されました。

チェーン脱落により削れたカーボンフレーム

ちょうどチェーンが落ちて挟まった部分だったのですが、クランクの真後ろであり普通にしていたらまず見えないところに傷がついていたようです。というか傷というよりも、カーボンでできた段差部分がごっそりと削られている状態になってしまっていたようです。

どうすればいいのかと尋ねると、とりあえず今すぐどうこうなることはないだろうけれど、いずれきちんとクランクを外してフレームの削れた部分を樹脂で固めて保護しておく必要があるといわれました。もう少し乗って次回メンテを頼むときに依頼しておこうと思います。

カーボンフレームは数々の魅力がありますが、思った以上に繊細なのが大変だなと改めて感じました。