夏のロングライドの暑さをしのぐための氷の有効活用法

アイスベストもどき

最近は気温がぐっと上がってきました。しかし、夏はこれからが本番です。

ですが、先日走りに行った際にすでにあまりの暑さのために走行中に頭が痛くなってしまうほどになってしまいました。

そこでここらでもう一度暑さ対策について書いておきます。以前熱中症対策として書いた記事とはまた少し違った「氷」をメインの話です。

夏場にロードバイクで走行していると自分で想像している以上に大量の汗をかきます。そのため、こまめに水分を補給しておく必要があります。水分補給の目安は大体1時間で1~1.5lくらいがいいようです。

水分補給に使うのは主にボトルに入れたドリンクになるのですが、たとえ保冷機能がついたボトルであっても夏場にはあっという間にぬるま湯のようになってしまいます。

そこで、役に立つのがコンビニなどで売られている「氷」です。保冷ボトルに入れておけばしばらくは凍ったままを維持できますし、氷が解ければその分だけ飲み水になるため無駄がありません。

しかし、この氷ですが今まで今一つ有効活用できていないと感じていました。それはボトルを2本使っても氷が余ってしまうことが多いからです。

そのため、氷を買うときには小さなカップに入った氷をボトルに分けて入れて、それでも余ってしまったものは無理やり口に放り込んでとかしてから飲むようにしていましたが、意外と時間がかかってしまっていました。

しかし、筧五郎さんのブログを見ているともっといい氷の活用法があるようです。

ロックアイス

それは袋に入った量の多い氷(ロックアイス)を買い、余った氷は氷袋ごと背中に入れておくのだそうです(参照)。

最近はツール・ド・フランスのレース前のアップなどにもプロ選手がアイスベストを着て体を冷やしながらローラー台を使ったりしていましたが(参照)、このアイスベストの簡易版みたいになるようです。

また、氷袋の中に補給食用のゼリーなども入れておけばいい具合に冷えておいしく食べられるというメリットもあるようです(参照)。この氷の量であれば1時間以上はもつのだそうでいいアイデアだなと感心しました。

今まで「量が多すぎて使いきれない」と最初から購入するという選択肢に入れていませんでしたが、工夫次第で夏の暑さをしのぐことができるのだなと思いました。これからロングライドに行くときには氷袋を買って、背中に保織り込んで走ろうかと思います。