サイクリングロードは30km/h以上スピードを出してはいけない

広い視野を持って

ロードバイクに乗って自転車道(サイクリングロード)を走っていたときに出た話題について。私自身はよく大和川の自転車道などを利用しますが、あるときこんなことを言われました。

「私が自転車道を走るときにはスピードを30km/h以上は出さないようにしている」と。

それを聞いて「確かに歩行者もいるし危ないからな~」と思ったのですが、実はその発言の意味はもっと深いところから来ていたようです。というのもロードバイクが社会に与える影響というかイメージについてまで考えての発言でした。

実際の意味は「ロードバイクがスピードを出して走っていると、歩いている人などの一般人に対して『ロードバイクは危険だ』という印象を与えてしまう可能性がある」というところにあるようです。

もし今以上に印象が悪くなればそれはロードバイク乗りに帰ってくる問題です。自転車道についてでいえば「車両止め」を設置させられてしまう可能性が高くなるからと言っていました。

確かに大和川や石川のサイクリングロードでは車両止めは少ないのですが、淀川の自転車道では多数の車両止めがあるといいます。せっかくの自転車道なのに自転車が乗りにくくなってしまうことなりかねません。

私も自転車道では安全に気を配って走ってはいましたが、ついつい追い風などのときにはスピードを出しすぎていました。反省する必要があるなと感じました。

しかし、その反面、別の意見もあるにはあります。というのは本来自転車道で歩行者が歩いていること自体がおかしいというのがあります。自転車の本場とでもいうべきヨーロッパでは日本とはけた違いに自転車道が整備されていますが、そのほとんどは自転車「専用」道路になっており車やバイク以外にも歩行者も通ってはいけないことになっているようです。

だからと言ってスピードをいくらでも出していいわけではありませんが、少なくとも歩行者に危険を与えることなく走れるというのは精神的な影響面で全く違ってくると思います。

まあ、そうはいっても我々がいるのは日本で現実的には歩いている人もいれば犬の散歩をしている人もいるわけなのでやはりスピードは落として走るほうがいいでしょう。

しかし、最近話題になっている小学生が自転車で事故を起こして親が1億円近い賠償をしなければならないケースがありましたが、あれは下り坂を20~30km/hという「猛スピード」で走っていて事故したといわれていました。この事件を考えると30km/hでも速すぎるのかもしれないなと思います。