コンビニで買えるもっとも効率のいい補給食について

ハンガーノックを防ごう

ロードバイクに乗って長時間走りに行った場合にはある程度注意しなければならないことというのが出てきます。その中の一つで、一度起こるとその後の行動にも大きく影響する「ハンガーノック」があります。

人間は体に貯めたエネルギーを使って運動を行っています。もし、運動中にこのエネルギーがなくなってしまうと急に体が動かなくなってしまいます。このガス欠状態のことをハンガーノックと言いますが、一度このハンガーノックになってしまったら最後、食事をしてもすぐには動けるようにはなりません。

もしも、家から離れたところでこのハンガーノックになってしまった日には「どうやって帰ろう」「無事に帰りつけるだろうか」と途方に暮れてしまうことになってしまうので、なんとしてもハンガーノックは防ぐ必要があります。

さて、なぜハンガーノックになってから食事をしてもエネルギーが回復しないのかというと、食べたものを消化して吸収するにもエネルギーが必要なため、エネルギー枯渇状態で食べてもエネルギー補給にならないためです。そこで、重要なのはエネルギーがなくなってしまう前にきちんとカロリーを補給しておくことです。

では、いったい何が補給食にいいのかということになりますが、実際には何でも構わないようです。よく競技用の補給食が売っていますが、プロの選手はこれ以外にもいろいろと食べて走っているみたいです。中には走りながらケーキを食べることもあるとか。重要なのはロードバイクで走るという「運動をしながらでものどを通るもの」を選ぶことです。

そして、私のように特にレースに出ない人間でもロングライド自転車旅行に行った際には一日で長距離を移動するため補給しながら走ることになります。その際に利用するのが「コンビニ」です。

コンビニで好きなものを買って食べているのですが、その中の一つに「持ち運びしやすく」「食べやすく」「値段が手ごろ」で「カロリーが高い」という補給食にぴったりの商品が存在します。

それは「クリーム玄米プラン」という商品です。コンビニでの定価の値段でも150円程度と安いのですが、大きさが小さく、1袋に小分けで2枚ずつ合計4枚入っており、2枚で144kcalなので、30分ごとの補給にちょうどいいカロリーで、走りながら食べることがしやすいという特徴があります。

クリーム玄米プラン

また、味の種類も豊富で2,3種類購入してローテーションで食べると飽きもこずに食べ続けることができます。

他によく補給食として利用されるものにカロリーメイトやウィダーインゼリーなどがあります。これらも試してみましたが、カロリーメイトはパサパサしすぎていて食べづらく、ウィダーインゼリーは大きさと重さがある割にはそこまでカロリーが高くなく値段も高めということもあり、最近はこの商品を補給食とすることが多くなってきています。

いざというときに困らないように一つ買ってポケットに入れておくのがいいでしょう。