上半身と腕・肘の位置関係の基本について

姿勢を変えずに

ロードバイクに乗っていると今の自分のポジションなどが本当にあっているのかどうかというのが気になるものです。一番は自分が楽に持続できるポジションであればそれに越したことはないのですが、それでも基本となる乗車姿勢というのは存在します。

この基本となる姿勢を知っていれば楽に走りやすくなるでしょうし、自分の姿勢が乱れていないかどうかのチェックも行えるため覚えておいたほうがいいでしょう。今回は上半身についての基本姿勢についてです。

ロードバイクはドロップハンドルという特殊な形状のハンドルがついてます。これは長距離を速く、なるべく疲労を少なく走りきるために開発されたハンドルであり握る位置を使い分けて走ることができます。

基本的にはブラケット部分を握って走りますが、高速巡航時には下ハンを握ったり、登りでは上ハンを握ったりしていきます。初心者のうちは下ハンを握ることが慣れていなくて恐怖心もあるためか使う頻度がかなり少ないという傾向があるようですが、せっかくロードバイクで走る・ドロップハンドルを使うのならば積極的に使っていかなければもったいないでしょう。

しかし、このハンドルの握る位置を変えることについて知っておくべきことがあります。それはブラケット部分を握っても下ハンを握っても乗車姿勢は変化しないようにしておいたほうがいいということです。

何となく下ハンを握った時のほうが前傾姿勢になり、空気抵抗が減らせそうなイメージがあり、ブラケットと下ハンを握り替えたら上半身の傾きが変わってきそうな感じがします。ですが、本来上半身の維持は腕ではなく体幹を使って支えているのが理想であり、握る位置を変えたからと言って上半身の傾きが変わってしまうようではいけないようです(上ハンは別ですが)。

要するに鏡で自分の姿を見ながらハンドルの握る位置をブラケットと下ハンで変えても上半身がぶれないのが基本のポジションになります。

そして、この上半身の姿勢を変えずにハンドルの握り位置を変えられるようになると「ボトルを取る動作」も安定するようになります。

というのはロードバイクはうまく考えられて作られており、上半身の姿勢を変えずにブラケットと下ハンが握れる姿勢になっていれば、そのままの姿勢で腕を下にたらせばボトルに手が届くようになっているのです。

肘の角度を変えて3点を握る

逆にいうと走りながらボトルに手を伸ばした時に上半身を下に下げたり傾けなければボトルが取れないようであれば基本となる姿勢がうまくできていない可能性があります。

上半身を安定させたまま肘の角度を変えただけで「ブラケット・下ハン・ボトル」の3点にきちんと手を持ってくれるかどうか、たまにチェックしてみるのもいいと思います。