安全な走行のために「キープバック」を意識することが大切

急がば回れ

先日面白い記事を見つけました。ロードバイクを含めた安全運転についての話です。

ロードバイクを含めた自転車は法律上では軽車両という扱いになるため車道を走る必要があります。しかし、生身の体をむき出しにした乗り物でスピードが出る車やバイクなどと一緒の空間にいるために常に安全には気を付けておくことが重要になります。で、安全を確保するためにまず一番大切なのが交通ルールを守ることになります。これだけでもかなりの危険を減らすことができます。

交通ルールの中でももっとも基本であり、しかし意外と守っていないケースを見かけるのが「車道左側走行」です。最近ではこの基本となる左側通行についてをもっとしっかりと守っていこうという啓蒙活動を行うチームキープレフトというプロジェクトを行っている団体もあります。

さて、このキープレフトも重要ではありますが、ここではこのキープレフトをもじって「キープバック」という言葉を発案した人がいます(参照)。これは法律上の規則ではないため絶対に守らなければならないものではないのですが、交通事故などを減らすためには大切な考え方ではないかなと感じました。以下引用。

信号待ちで、一度抜かれた車の前には出ない。キープ・レフトをもじってキープ・バック。「引っ込んでいる」という意味です。

自分も車を運転するのでわかりますが、それなりに広い道でも自転車を抜くのは結構神経を使います。で、抜いたと思ったらまた前に出てきて、また抜いて……を繰り返すのって、不毛なんじゃないかなと。

試しにこれを徹底してやってみたら、中途半端な所で停車するので最初はちょっと不自然な感じはありますが、すぐ慣れました。何より車との余計な軋轢を生まないので疲れないし、すり抜けの最中に突然ドアが開くといった危険もなし。

ただこれもケースバイケースで、路肩に十分な余裕があるとか、車が詰まって動かないといった時には前に出てしまった方がいいかもしれません。

車に乗って車道を走っていれば感じますが、ロードバイクというのは車側から見ても「怖い存在」と感じます。それはロードバイクが車と交通事故を起こしかねない「移動する危険物」にだからです。一度追い抜いてホッと一息ついたところで再び前に出てこられてはやはり嫌なものでしょう。

私も今までロードバイクに乗ってきて信号待ちなどで車の横を通って先頭にまで出ていくことは何度もありました。しかし、最近はその頻度をかなり減らしています。やはり危険だと感じていたからです。そこでこのキープバックという言葉を見つけていい名前を付けたなと感じたわけです。私がこのキープバックという言葉を見て頭に浮かんだのは次の2つでした。

1つ目はもしも追い抜くときの最低限の基準。それは「車が完全に停止している」ということです。信号待ちで車が詰まっている状態であっても、車が少しでも動いていれば絶対に横にはならばないようにしています。これは信号の変わる時間も考えて、追い抜いて前に出るまでに車が動く可能性があるときも含みます(当たり前ですが停まっていれば何がなんでも前に出るというわけではありません)。

2つ目は複数のロードバイクで走っている時です。2台以上の自転車で走っている場合は少しでも楽に走るために前走者の後ろについて空気抵抗を減らして走りたくなるものです。もしも、前を走っているロードバイクが信号待ちをしている車の横を通りぬけて前に行ってしまったらどうなるでしょうか。つい、無理をしてでも自分も横を抜けて前の人を追いかけていってしまうことが多いのではないかと思います。

しかし、ただでさえ車の横を自転車に抜けるのは危険なのに複数台がズラズラと通れば危険度ははるかに高まります。たとえ1人で走っているときであれば「車が停止しており安全だ」と思える時でも、複数のときはその分全員が追い抜くのに時間がかかるため安全ではなくなってしまいます。そのため、なるべく複数でのライドのときには停まっている車であっても追い越していかないほうがいいのではないかと思います。

先ほども書きましたがこれはルールではないため、絶対に守らなければならないというものではありません。その時の状況によっては一度抜いて先頭に出ていたほうが自転車にも車にもいいケースもあるでしょう。

ですが、常に頭の片隅に「キープバック」という言葉を置いておけば無茶で危険な走りというのは減るのではないかなと思います。