冬のロングライドで寒さ対策:飲み物編

飲み物から体を温める

冬にロードバイクに乗ってロングライドへ出かけたときに一番気を付けることの一つに寒さ対策があります。

寒さ対策の基本はまず汗をかかないこと。ウェアは重ね着を基本として登りなどで汗をかきそうなシチュエーションのときなどは冬でもチャックを開けて汗をかかないようにしておく必要があります。また、体などを直接温める方法としてカイロを使用することもあります。

それとは別に体を温める方法のひとつとして「温かい飲み物を飲む」というものもあります。当たり前と言えば当たり前なのですが、ロードバイクで走りに行ったときには今まであまり飲み物には気を使っていませんでした。

というのもロードバイクで走っている時に飲み物を飲む際にはロードバイク用のボトルを使用するのですが、普段走る春から秋にかけては氷を入れてドリンクを冷やしています。走っていると体から熱が発散されるのですこしでも体を冷却するためです。また、走っていてドリンクがなくなってきたときはコンビニなどでスポーツドリンクなどを購入して継ぎ足すことにしていました。そのため、基本的には冷たい飲み物を補給しながら走っていたのです。

さすがに冬には氷は入れませんが、後からスポーツドリンクを継ぎ足すことも考えて蛇口から出てきた水などを入れて出発することが当たり前になっていたのです。そして、その状態で気温の低い外を走っているとボトルごと中のドリンクまでが冷やされて実際に走りながら飲むときには冷たい状態になっていました。

これが当たり前の状態になっていたので特に気にもしなかったのですが、最近になって暖かい飲み物を補給する方法を知りました。それは「ボトルにお湯を入れた状態でお茶の葉(ティーバッグ)を入れておく」というものです。

まず、使用するボトルは保冷機能のあるボトルです。これは保冷効果もありますが、保温効果もそこそこあるようです。暖かいお湯を入れておけば1~2時間程度は冷たくならずにもってくれます。このお湯を入れた状態でお茶の葉を入れておくのです。当然、お湯にお茶の成分がしみだしてお茶として飲める状態になります。出発する前にやかんで水を沸騰させてボトルに入れて作っておくといいでしょう。

そして、ポイントはボトルの中にお茶の葉を入れたままにしておくということです。こうしておけばその後ボトルの中のお茶が少なくなってきてもお湯を追加しておけばまたお茶として飲むことができるということです。

ロードバイクは寒い中を走っても楽しいですが、少しでも寒さ対策について知っておいて損はないと思います。