ハンガーノックの予防法について

カロリーの重要性

ロードバイクに乗っていると今までに経験したことのないことがいろいろと起こります。その中でも気を付けておかなければならないのが「ハンガーノック」です。

ハンガーノックというのはいわゆる「ガス欠」のことです。これはロードバイクに乗って楽しく走っていたはずが、急に脚が止まってしまって全く走ることができなくなってしまう症状のことを指しています。

原因はガス欠の通り、カロリー切れが起こってしまったのです。走るために体からエネルギーを取り出して使っていたのが、長距離長時間の走りによってすぐに使うことのできるカロリーが枯渇してしまい、結果完全に脚が止まってしまうのです。こうなったらおしまいです。休憩してストレッチをしようが、コンビニなどで食料を食べようが再び動ける状態には戻りません。後は全く動かない体でも這いずってでも帰ろうという意志のみで、到底ロードバイクに乗っているとは思えない遅さで一歩一歩進んでいくしかなくなります。

さて、このハンガーノックは一昔前まではあまり認識されていなかったそうです。「なぜか急に疲れて動けなくなった」という程度の認識だったそうですが、現在では多くの人がハンガーノックという言葉を知っています。

このハンガーノックは一度なってしまうと再び食事をしてカロリーを摂取しても吸収するだけの体力すら残っていません。そのため、休んでも食事をしても回復しないのです。そこで、重要になってくるのが予防という考えです。いかにしてハンガーノックを予防し、快適なロングライドを行うか。それが重要です。

この予防について考えられるのが「カロリーを補給する」という方法でしょう。カロリーがなくなって走れなくなるのなら、補給して切れないようにしておけば大丈夫なはずです。ですが、先ほどもありましたようにカロリーが切れて動けなくなってしまうと、補給しても吸収することができなくなってしまいます。そこで、カロリーがまだある状態から補給しておくことが大切になります。

補給を行うにはよく自転車屋さんでは「補給食」なるものが売っています。これは固形のものやジェル状のものがあります。特徴としては「走りながら、吸収を早く」をモットーにして作られているようです。人里離れた山の中を走りに行くときには一つあると安心感が全く違います。

また、補給食を水に溶かしこんでおくと、水分補給と同時にカロリーの摂取も行うことができます。スポーツドリンクは塩分などは入っていますがカロリーになるものは入っていませんので、補給ドリンクのかわりにはなりません。

ですが、補給食がなくともカロリーを摂取することは当然できます。つまり食事です。幸いなことにわれわれの住む日本という国にはいたるところにコンビニが作られて、遠くに走りに行った時でも食べ物を買う場所が全くないということはありません。適度に走りつつカロリーを取っていくのがいいでしょう。

食べるものは何でも構いません。好きなものを食べればいいでしょう。もし、効率を優先するならばカロリーメイトやウイダーインゼリーなどが少量で高カロリーになっていて助かります。特に真夏の暑い時期にゼーゼーいいながらでもウイダーインゼリーなどは手軽に摂取できるのでいいのではないかと思います。カロリーメイトはぱさぱさしているのでちょっと食べにくいかもしれません。また、一つ食べて残りをポケットに入れておこうものなら、箱が汗でぼろぼろになってしまいます。気をつけましょう。

そのほか、昼食などをお店に入って食べるのもハンガーノックの予防になります。途中で長い休憩をはさんでもかまわないという人はおいしい食事をゆっくり食べてハンガーノックを防ぎましょう。

一つだけこの補給で気をつけないといけないことがあります。それは「食べても吸収するまでには時間がかかる」ということです。当たり前ですね。ロングライドをするときはおなかが空きだす昼ごろから補給を始めるのではなく、午前中から食べながら走ることによって、午後のハンガーノックを予防できます。おなかが空いてから食べるのはNGだと覚えておきましょう。

適切にハンガーノックを防いで自転車・ロングライドを楽しみましょう。