初めての箕面シルベスト朝練コースにチャレンジ

案内してもらう

ロードバイクを購入してからはなるべく乗れる日は積極的に乗っていたのですが、だんだんと走る場所が同じようなところばかりになってきていました。大阪市内は信号も多く交通量もあるので、自然と大和川の自転車道を通って奈良の山に向かうようになっていたのです。

そのため、大阪の北方面にはほとんど行ったことがありませんでした。しかし、北にもロードバイク乗りがよく走るコースなどがあるのでいずれは行ってみたいと考えていました。

そして、そのチャンスがいよいよ到来しました。先日知り合ったFさんが箕面のシルベストコースに連れて行ってくれるというのです。ありがたくご一緒させてもらうことにしました。

このコースはシルベストが主催しているわけではないようで、ロードバイク乗りが自主的に練習しているうちに自然と人が集まり、それぞれの実力が同レベルの者同士でスタート時間をずらして走るようになったようです(参照)。以前からこの朝練については知っていたのですが、朝が早いことと箕面に行くまでがしんどいということで参加する機会もありませんでした。今回案内してもらうことによっていずれ朝練自体にも参加できるかもしれません。

しかし、今日は案内も兼ねているので朝練自体にはいかず、アウグーリオ前に8時に落ち合って2人で走ることになりました。

Fさんは平地を40km/hで走って行ってしまうのでついていけるのだろうかとも心配していたのですが、朝会うなり「ゆっくり行きましょう」とのことでした。なんでも先日行った体幹トレーニングで筋肉痛になってしんどいのだそうです。内心ホッとしてスタートします。

箕面まではどうやっても大阪市内を抜けなければ行くことができないのでわかりやすい大きな道を通っていくことになります。

しかし、スタートしてすぐにサイコンは40km/hと表示されることになります。「ゆっくり」の基準が違ったと思いながらも所々で信号に引っかかり停まるため頑張ってついていきます。箕面に行くまでインターバルトレーニングでもしているかのような気分でした。

ひたすら26号線を北上していき、四ツ橋交差点で一度左折して41号線に移り、さらに北上します。そのうち176号線に入って淀川を越えることになりました。十三大橋は反対車線は3車線もあるのに北に行くには1車線ということで、ここだけは安全のために歩道を通過。十三についた時点で約1時間が経過していました。距離にして17km程度、やはり町中を抜けるのは信号が多くて時間がかかってしまいます。

さらに176号線を北上していき、ようやく豊中市に入ってきました。先日豊中では気温がかなり上がっていたというニュースがやっていたので心配していたのですが、まだ何とか走れる気温だったので助かりました。

しばらく走って途中で右折して43号線に入ります。ここまでは完全な平坦でしたが、この辺りから徐々に登っていくことになります。途中にあった市立第十四中学校あたりの短い坂でFさんから若干遅れてしまいました。平地が速い人は坂も速いなと感心していましたが、この坂を越えると山が視界に入ってくるようになります。途端についていけるかどうか不安になってきました。

もう少し進んで箕面警察署前にあるセブンイレブンで一度休憩することになります。だいたいこの辺りまでで1時間半というところでしょうか。水分を補給してシュークリームでカロリーを取って、トイレも済ませて再スタートです。

スタートする前に少しコースの状況などを聞いてみました。すると朝練コースはここからスタートして10km程度だそうです。私はてっきり80kmある北摂朝練とやらを走るのかと思っていたのですが、どうやら違うようです。80km走ると思っていたのが往復20kmに減ったので、「これなら楽勝だぜ」と思いました。

しかし、実際にはそんなに甘いものではありませんでした。警察署前を出て少し進むとT字路になっており、ここを右折してすぐに登りが始まります。この登りをなめていました。急に斜度が上がったところをなめてアウターで突っ込んでいったのですぐにアップアップになってしまいます。というか心臓がバクバクなって先ほど食べたシュークリームを吐いてしまうのではないかと思ったくらいです。食べなければよかったと後悔しながらダンシングで我慢しながら登る区間が続きました。

少し離れてしまいましたが、何とかついていき勾配が緩くなったところで距離を詰めます。きっと1人で来ていたら早々にインナーローにして力を抜いて走っていたことでしょう。ですが前に人がいると頑張れるのがありがたいです。

ここからは下手なダンシングではついていけないので、登り方を変えることにします。しっかりとハンドルのブラケット部分を握って体幹を固定してシッティングすることにしました。そうこうしていると平坦区間に入りました。この辺には駐車場があるようですが、この辺りに走りにくるロードバイク乗りは車に自転車を積んできてこの駐車場に停めておく人もいるようです。

駐車場を越えると再び登り区間が始まります。後ろについて登っていると「この先道が分かれているけれどどっちに行く?」と聞かれました。全く分からないので任せますと答えると左折して高山方面へ行くことになりました。ここの道は登ったり下ったり平地だったりとアップダウンになっているようです。

ゆっくりマイペースに走っていればそこまで難易度は高くはないのでしょうか。しかしFさんのスピードについていくのは私にとっては少々難易度が高かったです。「もう少しで朝練コースのゴールだよ」と伝えられてからが思った以上に距離があったためてっきり霊園あたりがゴールなのかと思ってスピードダウンしそうになりました。実際はもう少し行ったところの高山公民館がゴール地点だったようです。ここで休憩しました。

初めての箕面でしたが、なかなかいいコースでした。道路もきれいで景色もよく、交通量も少なめだったため走りやすかったです。思った以上にたくさんのロードバイク乗りが走っているところを見てもいかにこのコースが人気なのかが分かりました。この公民館より向こうにもまだまだ道は続いているので、いろいろなところに行けるようです。ですが今日はここで引き返していくことになりました。少し下って分岐点で左折して勝尾寺を見てから元来た道へと引き返して下っていきます。

下りも楽しめそうかなと思っていたのですが、かなり安全運転している車がいたため常にフルブレーキで降りて行ったため下りの感触は全く分かりませんでした。じきに下り終わって帰路につきます。

箕面までが30km程度だったので朝練コースの10kmではやはり少し物足りない感じでした。この方面に来るときにはもっと山を走っておかないともったいないコースだなと思います。

さて、帰路についたのはいいのですがだんだんと日が昇ってきており、むせ返るような暑さの中、ひたすら信号によるストップアンドゴーを繰り返す走りになりました。暑さに参ってしまい靭公園で休憩することにしました。

アイスを食べながらロードバイクの話をしていると気づけば1時間ほどが経過していました。これでは走りに来たのかしゃべりに来たのか分からないですね。

さて、帰ろうと自転車に乗ると休憩が長すぎたのか2人とも逆に体が重たくなってしまっていました。再び始まる信号インターバルと暑さに参りながらもなんとかアウグーリオに到着。アウグーリオでは住田さんも交えてまたおしゃべり。ここでは30分ほど話をしてしまいました。

合計距離は85km程度ですが、出発から帰宅までの時間は6時間という長丁場になってしまいました。しかし、自分よりも速い人についていくというのはいい練習になりました。次に走りに行くときまでに40km/h走行できるようになっておくよという無茶な約束をしてしまいましたが、せめて35km/h巡航できるようになりたいなと思いました。精進あるのみです。