和歌山の加太周回コース堪能ライド

和歌山を走る

ロードバイクを再開してようやくローラー台に向かうのに抵抗感が薄らいできたころ、和歌山で一緒に走ろうというお誘いを受けました。ロードバイク乗り特有の「ゆっくり走るから」という嘘八百の誘い文句を受けたのですが内心では「絶対しんどいだろう」と思いつつも一緒に走らせてもらうことにしました。

というわけで和歌山で走るべく朝の6時半にMさんの車に乗せてもらって目的地の加太へと向かいます。今回は和歌山に住むというUさんの普段走っている練習用の周回コースを走ることになります。とりあえず1周20kmほどの周回コースを3周ぐらいして午前中にライド終了という計画です。

集合場所となる瀬戸内海国立公園へと到着し、走り始めたのは8時半過ぎくらいでした。どうでもいいですがなぜ瀬戸内海に面していない加太に瀬戸内海国立公園という名前がついているのか疑問に思ってしまいました。

瀬戸内海国立公園

この加太周回コースはアップダウンになっており、海のそばを通ったり峠を越えたりと1周20kmという短さでありながらなかなかバリエーションに富んだコースとなっています。まだ今年に入ってまともにアップダウンのコースを走っていない私はどの程度脚が削り取られていくのか不安になりながらのスタートとなりました。

加太周回コース

国立公園を出発してすぐに違和感を感じます。どうもサドルに乗っけているお尻の収まりが悪い感じがして、サドルの上でもぞもぞしながら30km/hちょいで進んでいきました。当然3人の中で最後尾を走っています。この程度のスピードならば大丈夫だろうと思ってついていっていると、なんと道に軽く勾配がついただけで前の2人と距離が離れてしまいました。心の中で「やばい」と思いながらもマイペースに走って追いかけていきます。

最初は平坦区間もあるよと聞いていたのですが、ほんのちょっとの勾配がつくだけで距離が開くのですぐにヒーヒーいうことになりました。平坦区間に入るとスピードも上がりここでも離されてしまうため追いかけることは完全にあきらめました。

しかし、それほどの距離を走ることなく左折して、狭い住宅路の中に入っていきます。どうやらここからは登りが始まるようです。後から名前を聞いたところこの登りは「猿坂峠」という名称のようです。2km程度の登りとなるようです。

平坦路でスピードをあげていたMさんは山は苦手ということでゆっくり登ります。話をしながらゆっくりと一緒に登っていくUさん。しかし、私は自分のペースで登ってみようと考えて少し先行する形になりました。

全く知らない峠道。2kmという短い坂のはずなのですが、どこまで続いているのか分からないためコーナーを曲がるごとに「まだ坂が続いているよ」と思いながらペダルを回し続けます。

しかし、この猿坂峠には大量のハチがいるので驚きました。最初にハチの姿を見たときに「怖い」と思ってスピードアップしてハチから逃げるように登っていたのですが、あまりにも数が多かったため途中からはハチを避けるように身をかがめて変な格好で登り続けていました。ビクビクしながら初めての猿坂峠を登ることになりました。

猿腰峠からの展望

思ったよりも登ってきています。少し待つと2人が到着しました。地元民のUさんにハチの話をすると「このハチはクマバチと言って人を襲わないハチなので大丈夫だよ」と教わりました。ただ縄張り意識は強いようなのでまれに体当たりをしてくるようです。確かにハチを観察するとハチ同士で体をぶつけ合っているようでした。

さて、猿坂峠を越えてもう少しだけ登ってから下り区間に入ります。相変わらず下りが怖いのですが、それもなんとかこなして少し広い道に出てきました。雰囲気的に広域農道のような感じのする緩やかな下り坂をしばらくは走ることになります。スピードのあるMさんが先頭を走り、Uさんがそれに対抗するようにアタックをかけています。スピードの加減速があり、少し離れてマイペースについていっているだけなのですがこれも結構しんどかったです。

しかし、後ろから観察しているとUさんは体重を落としすぎではないかとも思ってしまいました。体重が落ちた分登りが早くなっているようですが、アタックをかけたときのキレが以前よりも落ちているような気がしないでもありませんでした。

と、走りながら頭の中でいろいろと考えているうちに下り基調の道が終わって信号機が見えてきました。ここからは65号線を通っていきます。信号機が増え道幅が狭いうえにそこそこ車も通るのであまりスピードを出しすぎずに行こうと行きの車の中でMさんから聞いていました。Mさんとそのように走ります。が、地元で慣れているのかUさんは颯爽と抜け出してあっという間に姿が見えなくなってしまいました。

しばらく2人で走っていきます。細かなアップダウンがあり脚に来るのですが、この辺りになってようやくお尻の違和感がなくなってきました。なんだかんだでマイペースをつらぬいて走っていたのでまだ脚にも余裕はあります。これなら3周くらいならば大丈夫そうかなと希望が出てきました。

65号線をしばらく進んでいくと一か所だけトンネルがあります。そのままトンネルを突っ切っていくのかと思ったら、先行していたUさんの姿がトンネルのある道とは違う側道に見えました。どうやらその道はトンネルができるまで使われていた旧道のようで、現在は車が通れなくなっているようです。せっかくなのでこの道も通って見ようかということになります。

旧道の割には道は荒れておらず走りやすい道で、3人でゆっくりと話をしながら進んでいきます。おかげでこの旧道にある大川峠は全く疲れずに登りきれました。登りきったら当然下りが存在するのですが、この下りは少し走りにくかったです。なぜか場所によって片方の車線の路面が荒れており、しかも落ち葉があるため1人ブレーキを掛けながらちんたらと下っていくことになりました。車両通行止めになっているので道が荒れている時は反対車線のきれいな部分を通行したりもしたのですが、なぜか1台だけ車が通りました。どうやって入ってきたのでしょうか。

この旧道を走り終えるとトンネル出口と合流し、すぐにスタート地点の国立公園が見えてきました。停まらずに2周目に突入します。

1周目と同じくアップダウンで距離を開けられて2人を追いかけていき、再び左折して2度目の猿坂峠へと向かいます。今度はUさんが猿坂峠のタイムアタックをしてみるといい1人でスピードアップを開始しました。

ですが、すぐに停車します。どうやらUさんは後輪がパンクしていたようです。というわけで歩道に停まってパンクしたチューブラーを交換することになりました。せっせとタイヤをはめなおして「これで大丈夫だ」とUさんは言います。停まってしまったこともあり、一度トイレ休憩にしようとゲートボール場にあるトイレで用を足したのですが、その時に改めてMさんがタイヤを確認して「これは大丈夫じゃないよ」と言いました。

チューブラーなのでリムテープからタイヤを外してしまっており、接着力が弱くなっていたのです。とりあえずついていますが、横から力を加えると動いてしまうので登りはいいけれど下りは危ないだろうということになりました。

というわけでUさんは走れなくなってしまいます。どうしようかと話し合った結果、この近くに家があるUさんは一度かえってタイヤを交換してくることになりました。その間待っているのもあれなのでMさんと2人で1周走ることにします。

2回目の猿坂峠もゆっくりと登っていたのですが、途中で勾配がきつくなるところではシッティングがしんどくなってきます。そこでここからはダンシングで登っていくことにしました。スピードは出ていませんが先週よりもダンシングの仕方がマシになっていたのか、思ったよりも楽に登ることができました。「あれ、もう終わりか」と拍子抜けするくらいの感覚で猿坂峠をクリアできました。

再び進んで緩斜面の下りエリアに入ります。1周目よりはスピードを出して走りましたが、Uさんがいないためアタックがかからず一定ペースで走ることになりました。スピードの上げ下げが無い分、ここも1周目よりも楽にこなせます。再びの65号線のアップダウンからは細かい勾配は必ずダンシングでクリアすることでこれまたいいペースで走ることができました。ここにきてようやく走れる感触をつかんできます。このペースならあと何周でも行けるんじゃないかと思うくらいでした。

65号線では1周目では通らなかったトンネルを今度は通ることにしました。一直線ではありますが結構長いトンネルを越えるとそこでUさんの姿が見えました。よく見るとタイヤやホイールどころかロードバイクそのものが変わっていました。手っ取り早くスペアバイクで来たようです。

というわけで、ここからは再び3人で走ります。が、少し行ったところにあるコンビニで補給することになりました。アイスコーヒーをプレゼントしてもらい3人で飲んで、さあ再び走り出そうとなります。しかし、その前に時刻を確認するとすでに11時を回っていました。当初の予定では11時半くらいに切り上げることになっていました。Uさんは前日にロードバイクのことで奥さんにお叱りを受けていたようなので遅くなるのはまずいだろうと話し合います。

しかし、ようやく走りの感触が良くなってきたように感じていただけにもう少し走りたいと思い、最後にもう一度だけ猿坂峠にチャレンジしてそれでおしまいにしようかということになりました。

最後の猿坂峠ですがUさんはやはりタイムアタックするようです。せっかくなので私もタイムを計測してみることにしました。教えてもらったスタート地点から走り始めます。Uさんの1秒後くらいからスタートしたのですがしょっぱなからどんどん距離が開いていきます。この時点で心が折れそうになってしまいました。

2周目では楽にこなせたと感じた猿坂峠ですが、タイムを測るとなるとまた話は違ってきました。しっかりと道が頭に入っていなかったので「あそこのコーナーを越えれば終わりが見えてくるはずだろう」と思っていたのに違っていたというミスを犯し、ペースがつかめません。私の場合シッティングオンリーのほうがタイムが出やすいのですが、途中からはしんどくてダンシングを入れたりもしてしまいました。

結果、Uさんからは1分も離されてのゴールとなりました。後で距離とタイムからパワー値を計算してみたところ3.4倍という低い数値が出てくる結果となりました。結果は残念なものになりましたがいい現状把握になりました。

登ってきた猿坂峠を下り、帰路につきます。Uさんとは途中で別れ、国立公園に停めたMさんの車に乗り込んで大阪まで連れ帰ってもらいました。和歌山へは何度か来たことがありますが、この加太のあたりは全くの初めてでしたが非常に気持ちよく走ることができました。天気のいい中、景色のいいところを走れ存分にロードバイクを楽しめました。後はもう少し体力とパワーを戻して、ロングライドに挑んでいこうと思います。