モーニングを求めて走るのんびり走行会

キッチンハート

1月25日日曜日。朝の6時に目が醒めました。最近体力が著しく低下しているため、どこか長距離でも走ってこようかなとも思っていたのですが、寒さからか布団から抜け出せず断念します。

そこで今回はアウグーリオの走行会に参加することにしました。今回の走行会は自転車道を通ってモーニングを食べに行くというもので短距離平坦路のコース設定になっています。走ってみて気分が乗ればその後離脱して一人で走りに行こうかなと考えました。

8時にアウグーリオに集合です。今回は8名ほどの参加となりました。本当は15分に出発予定だったようですが遅くなって25分ごろに走り始めます。最初は店内で待っていたからよかったのですが、途中から外に出てしまっていたら思っていた以上に体が冷え切ってしまいました。体の芯から冷え切った状態でスタートしていきます。

いつものように前方三番手あたりに陣取って走っていきます。まずは大和川へと向かっていきました。この辺りは建物の影で走り出しても寒いままです。きっと大和川に出れば日が当たってマシになるだろうと期待していました。

ですが、私の思っていたほど大和川沿いにまで来ても暖かくもならなく、停車するたびに冷たくなった手指をこすって温めながら進んでいきます。

大和川あたりではおおよそ25km/h前後くらいのスピードで進んでいきました。何となくいろんなギアへとガチャガチャと切り替えながら走ってみました。この辺りでは1週間ほど前に走った時のように重めのギアに入れて低回転で進むことが多かったです。ですが、それよりもお尻が痛くなってきたので後ろからもぞもぞしながら走っているように見えたかもしれません。

のんびりまったり走り続け、ようやく石川へとやってきます。右折して石川サイクリングロードへと入ります。180度Uターンのところでは相変わらず苦手意識が働いてしまい、前と距離が開いてしまったりもしました。いい加減このコーナーと下りの苦手意識をどうにかしたいものです。

少し進んでトイレ休憩することになりました。立ち止まるとみんなが口をそろえて「今日は暖かくて走りやすいね」と言い合っています。ここに至ってもまだ寒いとすら感じているのは自分だけだったようです。全く筋肉も温もってくる感じがしなかったので、アキレス腱を伸ばしながら震えていました。

すると住田さんが一人の参加者さんと話している声が聞こえてきました。「私はいつも20km/hくらいで走っているから、+5km/hは堪えるね」と聞こえます。ということで休憩を終えてからは20km/hほどで走ることになりました。

再スタートしてからはまた使うギアをかえて、今度は軽いギアにして回してみることにします。するとどうやらこの日は重いギアをゆっくり回すよりも、軽めをクルクル回したほうが走りやすそうだなと感じました。先週とは全く違うということもあるんだなと思いつつ100回転くらいで進んでいきます。

休憩ポイントから先では対岸に渡って車道を走っていきます。この辺りで大分体が温もってきたのか、かなり気分よく走れました。しばらく道なりに進み、目的地のキッチンハート近くにまでやってきました。ここから左折して少しだけ登りが出てきます。一度下ってからの登り返しも走り慣れていない人にとってはしんどいのですが、キッチンハートはさらにここから斜度が上がる坂が待っています。

以前の走行会で来た時はこの短い急坂を重いギアで登ったような記憶があったので、今回はインナーローでダンシングを使って登ってみました。が、どちらにしてもしんどいのには変わらない感じです。なんでこんな坂の上に住宅地が、といつも思ってしまいます。

そんなこんなで全員無事に目的地にまでやってきました。おおよそ10時ごろに入店しましたので、1時間半くらいは走っていたことになるのでしょうか。ちなみに店の前で1人待っていたようで、9名+住田さんという結構な大所帯です。が、うまいこと奥の席が空いていたようですぐに入ることができました。

席について思い思いのものを注文していきます。前回来た時の記憶が確かならばモーニングにレギュラーとパーフェクトがあり、パーフェクトのほうはかなりボリュームがあったように思います。あまり食べすぎても動けないだろうと思い、今回もレギュラーを頼むことにしました。モーニングを頼む人以外にも、飲み物だけやこの寒いのにアイスを注文する人もいました。

このキッチンハートはロードバイク乗りにも結構有名なようです。途中合流の人から「道に迷ったからその辺を走っていたロードバイク乗りに『キッチンハートはどこです?』と聞いたらすぐに教えてくれた」と聞きました。モーニングといいつつ終日注文できるようなので、私もたまに利用してみようかなと思いました。

が、注文してから出てくるまでには結構時間がかかりました。さらにアイスは手作りで、しかも注文を聞いてから作り始めたようです。いろいろと皆で話をして11時過ぎまで店でゆっくりとしていました。

さて、時間的にはもう帰ってもいいくらいなのですが、やはり当初の目的通りもう少しだけ走りに行くことにします。そこで店を出たときに住田さんに離脱して走りに行くと伝えたところ、そばにいた方が「どこか行くの?だったら一緒に行こう」と声をかけてくれました。

さらにもう1人の方と3人で走りに行くことになりました。続きます。