ビンディングシューズのクリートのネジを締めていないと起こるトラブルについて

クリートのチェックを怠らない

ロードバイクに乗っていると結構いろいろなトラブルが発生します。今回は日常生活ではまず使うことのないビンディングシューズを履いていて起こったトラブルについての話です。

ビンディングシューズというのは自転車用に作られた靴で、自分の足と自転車のペダルを一体化させることができ、それによって毎回固定させたポイントでペダルに力を入力することができるようになります。

その作りとしてはまず靴底のソールが非常に硬いものになっており、そのソール部分にペダルとシューズを固定するクリートがついています。そして、脚でペダルを引き上げるときの力に耐えられるようにアッパー剛性のあるストラップなどで靴ひもの代わりをしています。

このビンディングシューズのおかげで毎回ぶれることなく同じポイント(母指球)でペダルを漕げますし、引き足を使うことによって自分の力を無駄なく推進力に変えることが可能になります。

しかし、そんな便利なビンディングシューズですが使い始めのころにはいろいろと不慣れから問題が発生してしまいます。

例えば、初めて乗った時などはきちんとクリートとペダルの着脱がうまくできなかったりだとか、ある程度慣れてきたころに油断して立ちごけを起こしてしまったりなどがよくおこります。そのほかにも、ビンディングシューズを履いて昼食を食べにお店に入った時には床がツルツルと滑ってこけそうになってしまうこともあります。

これらの問題は割と使い始めて早期に起こるものであり、ある程度自分の中でも注意していることでもあるのですが、それ以外にもビンディングシューズには問題が起こることがあります。

それは使い始めてから半年以上経過して起こってくるトラブルです。

ビンディングシューズのクリートはペダルと固定させたときのポジションに合わせられるようにネジを3つ使ってソールに固定させています。これは一度固定させるとそれ以降はあまり変更しなくなります。つまり、クリートのネジをほとんど触らない期間が続くことが多いのです。

シマノのクリート

私の場合、クリートの位置がバチッと決まってそれ以降半年以上は位置調整などでいじることがありませんでした。しかし、あるときロードバイクで走っている時に何か違和感があるなと感じながら走っていると、急にクリートのネジが外れて飛んで行ってしまったのです。

最初は何がどうなったのかわからず、ネジが取れていることに気が付きませんでした。しかし、再び走り始めるとクリートがグラグラしていてはめづらく、はめていていも固定力が落ちていました。そこでようやくクリートに問題が起こったのだとわかり、自分の足の裏を見てみると右足のクリートの3つのネジのうちの1つが取れてなくなってしまっていました。

少し戻ってネジが無いかどうか道路を探しはしましたが見つからず、結局ネジ2本のまま家まで帰ることになりました。ですがその状態だと固定力は半端なく落ちており、ものすごく漕ぎにくく大腿四頭筋が痛くなってしまいました。

家に帰る前にアウグーリオによって事情を話して、ネジを1本もらうことにしました。その時、店内にいたお客が一緒に話を聞きながら「ああ、たまにチェックしておかないとなるね~」と言っていたことを考えると、割とよくおこる問題であるようです。

このことがあってからはクリート位置に問題が無くともたまにチェックしてネジを締めなおすようになりました。ちょっとしたことで楽しいロングライドが苦行に変わりますので、気を付けておいたほうがいいだろうなと思います。