サドルを変更するときに注意すべきこと

ポジション調整

ロードバイクに乗っているとたびたび「部品の交換」を行います。

比較的よく交換するものはチューブやタイヤ、チェーン、ワイヤーなどがあります。これらはどれも消耗品で安いものもあるので交換そのものにそこまで躊躇しないでしょう(高いタイヤなどもありますが)。

しかし、ロードバイクの中にはなかなか交換しづらいパーツというのも存在します。それは交換することによって「ポジションが変わる」ものです。

交換しづらいパーツの中の一つとして「サドル」があります。サドルは自分の体重の大部分を自転車に預けるところで、自分の体に合わないものを使用すれば痛みが出て走るどころではなくなってしまうものでもあるのでそこまで頻繁に交換することはないでしょう。

しかし、場合によっては交換することもあります。ずっと使っていればへたってきますし、今のものよりももっといいサドルはないかという思いに駆られるからです。

さて、サドルを変更するにあたっては注意しておくべきことがあります。それはサドルを変えてお尻に痛みが出ないようにするということです。お尻が痛い場合は最悪長時間走れなくなってしまうのでロードバイク乗りにとっては死活問題になりかねないからです。

そこで、まず考えられるであろう対策としてポジションの計測というものがあります。これは変更前のロードバイクのポジションについて正確に距離や角度を計測しておいて、サドルなどのパーツを変更した際にも依然と同じポジションを出してやろうという考えです。

サドル調整

中にはレーザー装置を使って限りなく正確にポジションを測定して、変更後にも再現できるようにしてしまう人もいるくらいです。

しかし、このポジションの再現という考えは一見正しく見えますが意外な落とし穴というものが存在します。つまり、完璧にサドルの位置を再現してもお尻には違和感や痛みが出てしまうからです。

これは「ロードバイクのポジション」を計測しているから起きてくる問題です。ロードバイクというのは単体で存在するものではなく、実際にはそれに乗る人間が重要になってきます。つまり、ロードバイクに乗った際のカラダの位置を測る必要があるのです(参照サイト)。

サドルを交換するということは当然それまで使っていたものとはサドルの形や角度が違うことになります。「ロードバイクのポジション」をどれだけ正確に測って再現したとしても実際にはサドルの形・角度が違うため乗った時には全く「カラダのポジション」というのは違ってきてしまうからです。

日本人はその特性として「数値好き」というのがあり、ともすればレーザーで測った正確な数値を欲したりしてしまいますがどれだけ正確に測っても「参考になるレベル」を越えることはありません。計測はほどほどにして、結局のところは乗り込んで再度ポジションを煮詰めていくしかないと思います。