普通の自転車屋で売っているロードバイクもどきとロードレーサーのわかりやすい違い

決定的な違い

ロードバイクに乗っているとよく「自転車にそんなお金よく使うね」といわれることがあります。

確かにロードバイクに乗らない人、乗ったことが無い人にとっては自転車とはただの移動手段でありそこまでの金額を出してまで買うものとは思えないのでしょう。

実際、私も自分がロードバイクに乗るようになるまでは自転車にお金をかけている人を見ると「なにやってるんだ」と思ったりしたもです。しかし、不思議なもので自分が乗るようになってくると自転車にそれなりのお金をかけない人を見ると「もう少し出せば快適に走れるのにな」と思うようになってしまいました。

さて、ここで「お金をかける」と言いましたが、やはり人によってイメージする金額は違うでしょう。一般人にとって「いい自転車を買う」というのは5万円も出せば上等なものを買うという扱いになるかと思います。しかし、ロードバイクに乗る人にとってはやはり最低でも10万円くらいのものを買ったほうがいいという意見が増えると思います。

しかし、そういうと「何が違うのか」と聞かれてしまいます。人によってどう答えるかというのは異なるかと思いますが、やはり一番の違いは「重さ」ではないかと思います。

私自身、ロードバイクがほしくて買ったのですが、最初は知識が無く町の自転車屋さんに置いてあった4万円のロードバイク(もどき)を購入しました。しかし、半年ほど乗ってやはりもう少しいいものに買い替えようということになり、15万円のまともなロードバイクを購入しました。

初めて本格的なロードバイクを買ったわけですが、この時の衝撃は忘れられません。なぜなら乗る前から両者には決定的な違いがあったからです。

その出来事はアウグーリオの店の前にある自転車置きに2台の自転車を置いておいたときに起こりました。ロードバイクショップでは店に来たお客の自転車が置けるようにハンガーかけのような台があり、そのパイプにサドルをひっかけて置いておけるようになっています。

ショップ前のロードバイクスタンド

この状態では前輪は地面についていることになりますが、後輪は宙にぶら下がっていることになります。

そして、2台の自転車を並べて置いているとさわさわと風が吹いてきたのです。すると15万円のロードバイクはその風を受けて後輪が風に合わせてフラフラと揺れたのに対して、ロードバイクもどきはピクリとも動きませんでした。

重量はそれぞれ9kgと13kgです。たった4kgの違いですが、手に持った感覚でも全く違うのですが、まさかほんの少しの風でもここまで違う反応を見せるのかと感動してしまいました。まだ実走もしていないのに自転車に15万円出すという判断は間違いではなかったと確信したほどです。

初めてロードバイクを購入しようと悩んでいる人はどのくらいの金額まで出すかと悩むと思いますが、私個人の経験からも最初からきちんとしたものを購入しておいた方が後から買いなおさなくて済むので結局は安く抑えることになると思います。高いものがいいわけではありませんが、いいものは高くなってしまいます。安物買いの銭失いになってしまわないように気をつけましょう。