汗が原因でハンドルに穴が開くことがある

バーテープの下で

先日ロングライドに行った帰りにアウグーリオによってロードバイクをメンテナンスに預けてきました。で、メンテナンスしてもらって少し話をしたときの内容です。

一通り見てもらってとりあえず特に異常はないよと言われました。しかし、もしかしたらバーテープは交換したほうがいいかもしれないといわれました。

「バーテープはまだ比較的新しいのにな」と思ってどうしてか理由を尋ねてみます。

すると、以前ほかの人のメンテナンスをしたときにこんなことがあったそうです。

その人は結構長いことバーテープを交換しておらず、久しぶりに変えてみようかという話になったそうです。そこで、交換はアウグーリオでお願いしたということで住田さんがさっそくバーテープをはがしました。

すると、長いこと放置していたためバーテープの下には汗が染み込んでしまっていたようです。そして、その汗がたまったところで結晶化して塩が吹いていた状態になっていたというのです。

すごい染み込むものだなと話しながらその結晶化した部分をとりあえず削り取ってみると、なんとその部分のハンドルが汗に侵食されて穴が開いていてしまっていたというのです。

これはもう修正しようがないですし、穴が開いたハンドルなどは危険極まりないため即交換になったといいます。

このケースではハンドルはアルミ製のものだったようです。私のイメージではカーボン製のハンドルは寿命が短くアルミなどであれば長いだろうという思いがあったのですが、汗が原因で穴が開くケースはカーボンでは起こらなかったかもしれません。アルミでも十分気を付けないといけないんだなと改めて思いました。

幸いにもこの話を聞いたときに私のバーテープは住田さんが思っているほど古いものではなかったため、とりあえずは大丈夫だろうと判断しましたが念のためにもバーテープは定期的に交換しておくほうがいいのかもしれません。

他にも汗が原因でボトルケージの金具がさびたりサイコンが故障したりといろいろなことがあります。

自転車というのは何が起こるのか本当に分からないものだなと改めて思いました。