シグマ(BC 1909 HR)のスピード表示がおかしくなった時の対処法

スピードが測れない

私はロードバイクに乗るときにはいわゆるサイクルコンピューターを使用しています。

サイクルコンピューター(以下サイコン)は主に走行距離や時間などを図ることのできる自転車専用の機器です。

安いものですと数千円で購入できるのですが、この場合は基本的な性能しか備えておらず、多くは走行距離やスピード、走行時間のみしか測ることができません。しかし、私はそれでは物足りなくなってしまい、今では多機能のサイコンを使用するようになっています。

これが今回の話の中で出てくるシグマ社製のサイコンBC1909HRです。このサイコンは上記の基本的な機能以外にもペダルの回転数(ケイデンス)や心拍数を測ることができるため、ロードバイクのトレーニングにもってこいの製品なのです。さらにこのBC1909HRのすごいところはスピード・ケイデンス・心拍数が測れるタイプのものとしては格安の1万円前後で手に入るところでしょう。

本当にこのサイコンと出会って自転車をより楽しむことができているのですが、問題があります。それはこのサイコンは故障しやすいということにあります。これは以前に記事を書いているので参照してみてください(シグマのサイコンは故障しやすい?)。

上記の記事を書いた時には以前あった問題についてを思い出しながら書いていたのですが、最近になってまた再び問題が発生しました。今回は何とか自分で行った対処法がうまくいき今のところは正常に動いているのですが、いつまた再発するかわからないので自分の備忘録のためにも忘れないうちに書いておこうと思います。

サイコンの症状

今回おこったのはスピード表示が反応しなくなるという症状です。通常はこのサイコンは待機モードになっており、時刻のみを表示するようになっています。そしていざ自転車に乗ろうとしたときに、振動などを感知して待機モードが解除され、画面には上から順に一段目「ケイデンス・心拍数」、二段目「走行速度(スピード)」、三段目「走行距離」が表示されるようになっています。

この際、一段目と二段目のケイデンス・心拍数・スピードに関しては実際にセンサーから送られてくる信号をキャッチするまで「0」という表示が点滅している状態になっています。

心拍計は胸に装着したベルトから信号を送り、ケイデンスとスピードは実際に走り出してセンサーとマグネットがすれ違うことによって信号を送り、ハンドル部に取り付けているサイコン本体がキャッチすることによって点滅していた「0」がその時のそれぞれの数値を表すようになります。

これが通常の状態なのですが、今回は待機モードが解除された瞬間からスピードの表示が点滅しておらず、センサーとマグネットが反応して信号を送っても実際のスピードを示すことなく、ずっと「0」を表示しているという症状でした。こうなると、そのまま乗り続けていてもスピードの表示はされません。また、スピードが表示されなければ、走っていても走行時間を測り始めてくれないのです。

今回の症状は平日に起こったため、ローラー台でトレーニングを行おうとしたときに大変不便な状態に陥ってしまったのでいろいろと自分なりに対策をおこないました。

症状に対する対処法

まず、最初に念のためにもセンサー部分がマグネットときちんと反応しているのかをチェックしました。通常であればスピード表示がされない場合はこの部分での問題が多いのです。しかし、今回は問題なさそうでした。シグマのサイコンのセンサーはマグネットに反応するとライトがチカチカと光るようになっているのです。今回はこれがきちんと光っていました。

しかし、念のためにもセンサー部分の電池交換してみます。ボタン電池のCR2032をはめ込んでみます。ですが、同じようにスピード表示はされません。

やはりこれは本体あたりに問題がありそうです。

そこで今度は本体の左下にあるMODE1のボタンを長押ししてみます。これは説明書には載っていませんが一度キャッチしたセンサーからの信号でももう一度とらえ直す働きがあります。このMODE1長押しで再びセンサーからの信号を拾い直さないかと期待して何度がチャレンジしてみました。

ですがこれも失敗でした。同じように一度本体をハンドルとの土台部分から取り外してみたりもしましたが同じようにスピードが点滅しないので信号を拾うことすらできません。

こうなったらと思い、一度本体から電池を抜いてみることにしました。本体の電池はCR2450という大きめのボタン電池です。かなりマイナーな電池ですね。予備はなかったので一度取り外してからもう一度はめ込んでみました。すると本体に入力していた情報(自分の年齢や体重、車輪の外周の長さなど)がすべてリセットされていたので、再度入力し直しました。意外とめんどくさいです。

この電池はめ直しを行うとなんとスピードの表示も点滅しており、その後ローラー台に手使用してもきちんと動いてくれていました。これでめでたしめでたしです。

しかし、この日はうまくいったのですが翌日になるとまた同じように点滅してくれず、スピードを測れなくなってしまいました。

仕方がないので、こう一度同じように本体部から電池を取り外して再度付け直すという作業を行ったのですが、なんと今回はこれでも正常に動いてくれなかったのです。

一体どうしたらいいのかとその日は40分ほどサイコンと格闘してようやく直すことができました。

このサイコンは本体と土台部分がきちんと接触していないとセンサーからの信号をキャッチしなくなるようです。これはある意味誤作動を防止するための機能なのかもしれません。

しかし、本体と土台がうまく接触していなかった場合はたとえ取り付けていたとしてもきちんと受信してくれないことになります。

このときは当然何度も接触しているかどうか確認していたのですが、さらにもうひと手間加えることにしました。

本体と土台の接触は本体裏の金属のでっぱり4本と土台の平らな金属が2カ所当たっていれば反応するようです。さらにこれがきちんとあたっていても反応していない場合は、本体部の金属のでっぱりがきちんと圧を加えられていないのだと思います。

つまり、このでっぱりは指などで抑えると少し沈み込むようになっているのです。本来は土台と当たった時にも少し押されて沈み込むことによってセンサーをキャッチする体制になるのでしょうが、今回は沈み方が足りずに信号を拾えなかったのだと思います。

そこでしっかりと指で押さえて動きの悪くなった金属を動きやすくしてやることによって、本体と土台を取り付けた時にきちんと反応してくれるようになりました。

結論

今回の件で得た結論としては「センサーの信号をキャッチできなくなったときには、本体と土台の接触不良を疑え」ということでしょうか。特に、マグネットや電池に問題がないときにはほとんどこれが原因であると思います。

実はこのサイコンは以前にも接触が悪くなり、土台を交換してもらったという経緯があります。土台を交換したのが去年の12月でしたので、半年使ったら以上が出てきたということになります。また、前回交換した時には10か月で以上が出てきました。どうやらシグマのサイコンは1年も持たないようです。

このような問題が出た時には素直にシグマに送って修理なり交換なりしてもらうのが一番だとは思いますが、とりあえずの対処法として今回のようなやり方があるというのを覚えておくのもいいかと思います。

また、このような問題がこの語も続くようならほかのサイコンに変えるほうがいいのかもしれないなと思い始めています。

このサイコンは購入後1年間しか保証がされていませんので、購入する場合は壊れてもいいという覚悟をもって買うほうがいいのかもしれないと思いました。