カーボンフレームの表面の傷が後から遅れて破損する理由

気をつけよう

ロードバイクのフレームにはいろいろな種類の素材があります。もともとは鉄でできたクロモリフレームが多く、時代の移り変わりによってアルミフレームやカーボンフレームが登場するようになってきました。

現在、プロロードレースでは主にカーボンフレームが使用されることが多いです。その理由は軽さと形にあります。クロモリやアルミに比べてカーボンフレームは軽く作ることが可能であり、その軽さは特に登りにおいて力を発揮します。よくロードバイク乗りが「軽さは正義」などといわれたりします。

また、そのほかに「自由な形のフレームを作りやすい」というのがカーボンフレームの特徴として挙げられます。軽量化競争がある程度行き着いたところで(重量制限もあるため)、現在はいかに空気抵抗を軽減して走るかというエアロ化が注目されています。空気抵抗を軽減して走るためにフレームにも工夫を凝らし、いかに乱流が発生しないように走ることができるかという観点からフレーム製作に取り掛かるのですが、クロモリやアルミなどの金属フレームでは自由自在に形状を変えるというのは難しいのです。その点、カーボンであれば容易に自分のイメージしたとおりの形に作ることができるという大きなメリットがあるのです。

さて、そんな便利なカーボンですが欠点もあります。それは衝撃に対してもろいということです。特に横からの衝撃に対してはかなりもろいようで落車した際は金属フレームならば耐えられた衝撃であってもカーボンフレームでは致命傷になりかねません。もともとが高価なためフレームの破損に対して修理をして使おうという場合でも修理の費用に数万円は必ずかかってしまうため、購入するときにはそこまで考えて覚悟しておく必要があります。

また、カーボンフレームは「表面のキズ」にも気を付ける必要があるようです。以前私もフロントギアの変速の際にチェーンが脱落してしまい、BBとフロントギアの間のフレーム部分にキズがついてしまいました。このキズなどもしっかりと対応しておく必要があるようです(参照:カーボンフレームでチェーンが脱落したときに見ておくポイント)。

クロモリなどであれば表面のキズであればそこから錆びてきてしまうため修理が必要なのはわかりますが、カーボンはサビはしないのに修理が必要なのかと不思議に思い、アウグーリオの住田さんにこのことを質問したことがあります。すると次のような回答を得られました。

確かに表面のキズでさびたりすることもなく、今のまま使ってどうこうなるものでもないそうです。表面に傷があるからと言ってそこから自然に破損が広がるということはなく当面はそのまま使っても問題が無いのだとか。しかし、冬の時期になると問題が出てくるようです。というのも表面のキズから雨や汗などの水分が入り込んでしまうことがあり、その水分が冬になり気温が下がってしまった時に凍ってしまい体積が膨張してカーボン繊維のキズを広げてしまうのです。このようにキズが広がってしまうと、さらに破損部分が広がるという悪循環に陥ってしまうのだそうです。

このようにカーボンフレームの表面のキズは放置しておくと後から破損につながるケースがあるそうです。表面の浅い傷だからと言って放置せず、大切で高価なカーボンフレームはすぐに修理しておきましょう。