ビンディングシューズにおける簡単な寒さ・雨対策について

シューズに細工を

今年も早いもので12月となってしまいました。だんだんと寒さが増してきていますが、幸いなことに大阪では走れないほど寒いというわけでもありません。

しかし、やはり寒さというのは自分で思っている以上にパフォーマンスを低下させてしまいます。そこで、今回は寒さの中でも足元の寒さの対策などについてのお話です。

基本的に寒さについての対策はロードバイクの場合「重ね着」になってきます。そのため、足元が冷えてくる場合もシューズにシューズカバーをかぶせておくのがいいでしょう。

もっともこれは重ね着というよりはロードバイクに使うシューズが基本的には夏用として作られており、夏の暑さでかく汗を素早く蒸発させて気化熱で冷やすために風通りがよくなるように作られているため、シューズカバーをかぶせることによって靴の中を風が通らないようにするのが目的です。

ただ、まだ本格的な冬ではなくシューズカバーをつけるほどの寒さでもないという場合があります。このようなときにはインソールの下側にアルミホイルを敷いておくのがいいでしょう。

アルミホイル

インソールの下に敷くことによって保湿性が高まり足元の冷えがかなりマシになります。走り終わった時に靴下が湿っているくらいに感じる時もありますが、決して不快なほどではありません。大した手間もかからないでできる対策方法なので知っておいても損はないでしょう。

また、シューズによって違うこともありますが、ビンディングシューズの多くはインソールをめくった足底部分には通気性確保用の穴が開いています。この穴から脚が冷えることもありますし、もし仮に雨が降ってしまった場合にはタイヤから巻き上げてしまった水が底から侵入してくることにもなります。

ビンディングシューズの足底の穴

この通気用の穴をテープなどで塞いでおくことによって水の侵入も防ぐことができますし、風が通らなくなるために多少の寒さ対策にもなります。雨を防ぐためにも粘着性の高いマスキングテープなどを使用しておくのがいいでしょう。

ロードバイク乗りにとっては走りに行くときに必ず使うものの一つとして存在するビンディングシューズですが、意外と足元には気を配らないというか簡単な対策を知らないことも多いようです。寒い冬でも楽しんでロードバイクに乗れるように敷いておきましょう。