ロードバイク初心者がビンディングペダルを選ぶならこれがおすすめ

おすすめのペダル

ロードバイクに乗り始めると、乗っているうちにどんどんと新しいパーツを買い足していくことになります。最初は予算いくらでこの完成車を買えばずっと楽しめるものだと思っていると、後からどんどん必要な、ほしいものが増えていくのが自転車の怖いところではないでしょうか。

その中で、「ペダル」を買うというのはほかのパーツとは少し違った意味合いがあります。それは本来自転車に乗るときには平らなペダルの上に足を乗っけて漕ぐだけのはずが、ロードバイクでは専用のペダルとシューズを買って、それをドッキングさせて乗るというロードバイクを始める前には考えもしなかったような自転車の乗り方をすることになるからです。

そのため、ペダルとシューズを購入して初めて使用したときには、「自分の自転車もロードレーサーになった」という印象を持ちました。この感覚はドロップハンドルやSTIと比べてももっとも大きく「変わった」と感じたように思います。それまでとは全く違うものを持つというのはなかなか気分のいいものです。

そんなペダルですが、当然のことながらいろいろなメーカーが発売しており、それぞれに特徴があります。

ロードバイクに使用する専用ペダルはペダルとシューズの底の金具を簡単に取り外しできるようにして一体化させることにより、ペダリング時に踏み込んだとき以外にも脚を引き上げる力も推進力に変えることができます。このようなペダルをビンディングペダルといいます。

もともとはスキーのビンディングを自転車に応用したものなのですが、これを最初に実用化にしたのがLOOKというメーカーです。そのため、しっかりとした技術があり、安心して使えるメーカーとして人気があります。

しかし、私がお勧めしたいペダルはTIMEというメーカーのペダルです。このペダルは一般サイクリストには非常にありがたいペダルになっています。

TIMEのペダル

というのも、ビンディングペダルの特徴としてペダルとシューズを固定する関係で一度固定してしまうと脚の角度が容易に変更できないことになります。これは固定することで毎回同じポジションでペダリングができるというメリットにもなりますが、しっかりと角度などを調整しておかないと毎回体に負担のかかるポジションでのペダリングを強いられてしまうことにもなってしまいます。

ところが、TIMEのペダルはそのようなことはありません。「フローティング機構」という特殊な仕組みがされており、ペダルとシューズを固定しているはずなのにわずかに固定部が左右にずらせる遊びが存在するのです。これは非常にありがたいです。ほんの少し動く程度の遊びがあるだけなのですが、これによって体に無理な負担がかかることがなく、膝などにやさしいペダルとして有名です。よく膝に故障を抱えている人はあまりがっちり固定するペダルでは痛みなどが出てきてしまいますが、そのような人でもTIMEのペダルであれば影響が少ないのです。

初めてペダルを買ってみようかなという人はぜひTIMEのペダルを使用することをお勧めします。ちなみにいろいろな値段帯のペダルがありますが、基本的にこれは「重量」によって値段差が設定されています。一般人では数gの違いはそこまで関係ありませんので一番安いペダルで十分だと思います。