一般サイクリストに軽量フレームは必要ない

速く走るために

ロードバイクは「舗装された道路をいかに速く走るか」を目的に作られた自転車です。そのため、ロードバイクに乗っている人は多かれ少なかれ「速さ」を求めていることになります。もし速くなくてもいいよというならばママチャリでもいいわけですから。

さて、ではどのようにして速さを求めていくかというと、速く走るためには「トレーニングをして速く走れるようになる」必要があります。しかし、これにはかなりの時間をトレーニングにさいて毎日継続的に練習していくことが求められます。

そのため、ある程度練習してこれ以上はトレーニングで速くなりそうにないとか、もっと手軽に速く走れる方法はないものかと考えることでしょう。そのようなときに考えるのが「自転車のパーツを変えよう」という発想です。

確かに自転車パーツを変えるとその分だけ速くなります。その中でも重要な指標といわれているのが「重量」です。特に登りを走るヒルクライムであれば重量が密接にタイムとかかわっており、いかに軽いロードバイクで走るかが大切になってきます。かつては軽量化のために1g=1万円といわれたくらい自転車業界全体が軽量化に突き進んでいました。

さて、このように速く走るために手っ取り早い方法として軽量化があり、その中でも特に効果が高いのが「フレームの軽量化」です。といっても今使っているフレームを軽くするということはなかなか難しいでしょう。そのため、新しく軽いフレームを購入して組み立てなおすことになります。

その効果というのは絶大で軽いフレームに変えただけで登りのタイムが劇的に変わることも珍しくありません。しかし、この軽量フレームには落とし穴もあります。一般サイクリストが軽量フレームを購入するときにはその落とし穴についてもしっかりと認識したうえで購入する必要があるでしょう。

まず、昨今の軽量フレームといえば大体が「カーボンフレーム」になります。やはり金属フレームではカーボンフレームほどの軽さを実現するのは難しいでしょう。

カーボンフレームというのは本当に軽く、私の所有しているTIMEのRXRSでは1500gほどですが、これなどはカーボンフレームの中では重たいほうになります。軽いものでは1000g前後になり、それ未満のものも存在します。

やはり軽いフレームは登りなどに大きな影響を与えますが、ここで一つ気にかけておくことがあります。それは「フレームの耐久性」についてです。

金属フレームの場合と違ってカーボンでフレームを作る場合、極端な話をすればいくらでも軽くすることが可能なのです。というのはカーボンシートを型に貼り焼き上げて形を作るだけですので、薄く厚みのないようにフレームを作りやすく、軽量にすることができます。

しかし、このように軽いフレームを作るために薄く厚みのないフレームを作った場合というのはそれだけ耐久性、つまり寿命が短いということになります。そんな寿命の短いフレームがなぜ売られているのかというと、レースで勝利を目指している人にはたとえ寿命が短くとも軽く速く走れるフレームが必要だからです。

ですが、一般的なロードバイク乗りにとって趣味で楽しく走るのにそこまで寿命の短いフレームが本当に必要かどうかというと、まず必要ないでしょう。やはり、長く楽しむためにも一般サイクリストはフレーム選びの際に重量を意識しすぎるのはよくないと思います。先ほどTIMEのフレームはそこまで軽くないとあったのは、TIMEというメーカー自体がそこまで軽量化を意識していないからといわれています。対して、アメリカのメーカーなどは耐久性よりも軽量化を優先しているものが多く、その分寿命が短くなっています。

今でも自転車選びに重量を基準にしている人もいるかもしれませんが、あまり重量だけに目を奪われることなくどのフレームがいいのかを見極めていってほしいと思います。