3本ローラーで自己最高速度に挑戦

最高速度にチャレンジ!

今年の4月11日に3本ローラーを購入して、早くも2か月が経過しました。

元々ローラー台は去年の1月に固定ローラーを購入し、毎日せっせとまるでハムスターのごとくペダルを回し続けていました。

しかし、固定ローラーの場合タイヤに負荷がかかっており少しスピードを上げるだけでも心拍数が上がってしまいます。

また、あまりスピードを出しすぎてもタイヤの消耗を早めるだけでセーブせざるをえませんでした。何よりレースに出るわけでもないのでそこまでの運動量が必要なかったというのもあります。

ですが、TIMEにフレームを交換してからはどうも固定ローラーではフレームにダメージが行くのではないかという、根拠のない不安があり、また少しでも恥ずかしくない走りを手に入れるためにフレーム購入後間もなく3本ローラーも買ったというわけです。

しかし、いざ3本ローラーを買ってみるとまず安定して走ること自体が難しいという問題に直面しました。おそらく誰もが経験することでしょう。

そのため、まずはローラー台から転げ落ちずにペダルを回すことができなければなりません。最初に普通に乗れるように練習し、次に片手外しを習得しました。その後時間をかけながらダンシングの練習をしたり、両手放しの練習をしてみたり、しまいには目をつぶって走ってみたりといろいろと試して、何とかバランスを崩さないように走れるまでになりました。

特に記憶に残る失敗はダンシングです。ペダリングがおかしかったのかダンシングをして漕いだときにはローラー上で車体が前後に揺れてしまい、最終的にはローラー台の後方に脱落してしまうという失敗があったのです。

この前後に車体が揺れるというのがスピードを上げたときにも起こりやすいということもあり、なかなかチャレンジしてみようという考えになりませんでした。

しかし、先日(6月7日)に思い切ってスピードアップを試してみると、なんと77.37㎞/hまで出すことができました。当然3本ローラーから落っこちることもなくです。

そこで今回は一度3本ローラーでいったい自分がどのくらいの速度を出せるのかを試してみることにしてみました。

結果発表

まずは3本ローラー上で15分間アップを始めます。3分刻みくらいで少しずつ心拍数を上げていき体を慣らしていきます。

15分たったらギアを50×13Tに入れて10秒もがいて50秒間回復走を入れるインターバルトレーニングを行います。正直この回復走では全く回復できないのですが…

このインターバルを4本ほど繰り返したときに83㎞/hが出てくれました。私としてはこれでも満足な結果なのですが、まだ頑張れるという思いが出てきてさらにもう一段ギアを重くします(50×12T)。

これでラストだと心に決めて全力でもがくと記録はなんと89㎞/hでした。90㎞/h出てくれればキリがよかったとも思いますが十分な結果です。

今後の課題

今回自己最高速度を大幅に更新することができて個人的にはよかったです。

しかし、問題点もありました。

今回は今まで行ってきた3本ローラーで軽いギアを高回転回す練習のおかげで、スピードを出しているときは車体が前後することもなくわりと安定して走ることができました。

ですが、その後が問題です。10秒間もがいてから回復走に移行するとき急にスピードが落ちるため車体がふらふらして危なかったのです。

これを解決するにはスピードを上げきった後もいきなり力を抜くのではなく、自然にペダルの回転数を減らしていくように滑らかな走りをしなければならないと思いました。

また、今回89㎞/hという自己最速を出しましたが、心拍数は173までしか上がっていなかったようです。これは少ない。全力でもがいていれば最低でも180を超えるくらいは出て当たり前のはずです。

やはり心のどこかで「ローラー台から落ちたらどうしよう」という不安があったのでしょう。何とかこの不安を取り除いてこの記録を更新したいものです。

ちなみにいろいろな人のブログを見ていると、レースなどに出ていない人でも100㎞/hを超えるスピードを出している人はいるようです。

私の次回の目標は90㎞/h越えで、いずれは100㎞/hを超えるスピードに挑戦してみたいと思います。