ローラー台を続けられるかどうかのテスト法

ローラー台は続かない?

ロードバイクに乗り始めると多くの人が「ローラー台を買ってみようかな?」と考えることと思います。不思議なもので特にレースに出るわけでもないのに「ローラー台を買ったら毎日ロードバイクに乗れるだろう」と考えて購入しようかどうか頭を悩ましてしまいます。

私もそのうちの一人であり、結局はローラー台を買いました。かれこれ2年ほどローラー台を使い続けていますが、ほかの人の意見を聞いていると買ったものの結局使わなくなってしまい押し入れに放置されていることも多いようです。

ローラー台は安くても2万円くらいはしますので使わないのであれば本当にもったいないことになってしまいます。しかし、いくらやろうと思ってもローラー台の退屈さは耐えられない人には続けようと思っても継続できるものではありません。そのため、ローラー台を買ってみようかなと思っている人は買った後に継続できるかどうかをテストしておくのがいいかと思います。

テストはできればローラー台を人に借りるなどしてしばらく試しに使ってみることができればそれが一番でしょう。ですが、人に借りれるような環境にある人は少ないかと思います。そのため、ローラー台がなくとも行えるテスト法が必要です。

そこで私の個人的な経験から簡単にできるテスト法はないかなと考えてみました。結局は退屈な作業を毎日習慣として続けられるかどうかが問題となるわけです。そのため次のことを3か月間継続して行えるかどうかテストしてみて、クリアできるのであればローラー台も購入しても無駄にはならないかなと思います。

テスト法

腕立て伏せ・腹筋・背筋・スクワットを各10回ずつ

以上です。ただの筋トレじゃないかと思うでしょうが、これをクリアできればローラー台も十分に続けられると思います。

この筋トレはそれぞれ10回ずつですので、全部やったところで10分かからないでしょう。しかし、それでも毎日10分間日常生活の中で時間を確保して3か月続けるとなると意外と難しいものなのです。これはクリアできる人にとっては何ら問題ないのですが、できない人は自然と途中でやめてしまいます。1日10分の運動ができない人がローラー台を続けることができるかどうかというとほぼ無理なのではないかと思います。

もしもローラー台がほしいなと考えているのであれば一度チャレンジしてみてはどうでしょうか。ちなみにこの筋トレは冬にやることをおすすめします。夏場ですとたった10分の運動でも汗だくになって続けるのが嫌になってしまいますが、この冬の時期であればほとんど汗をかくことなく終えることができますので比較的続けやすいのではないかと思います。