誰でも簡単にできるペダリング改善法

ペダリングはきれいに回せ

ロードバイクという乗り物はペダルを漕ぐことによって推進力を得ています。しかし、このペダルを漕ぐというのが言葉にするほど簡単ではありません。ロードバイクの基本でもあり奥義ともいえます。

「漕ぐ」と言ってしまうと何となくペダルに力をかけて車体を推し進めていくようなイメージになってしまいますが、これは間違いのようです。

実際にはより速く、より楽に走るためにはきれいで無駄のないペダリングをすることが重要でそれができて初めてペダルに力をかけることができるようになります。つまり、ロードバイク初心者にとってはいかにきれいなペダリングを手に入れるかが重要となってきます。

このペダリングをマスターするためには練習しかないわけですが、きれいなフォームのペダリングを手に入れるためには実走で走るだけではいけないようで、やはり目的意識を持って練習するしかありません。ではどのような練習を行うのがいいのでしょうか。

一つは「片脚ペダリング」という練習方法があります。これは固定ローラーなどで片足だけをクリートをつけてペダリングする練習方法です。通常は両脚でペダルを漕いでいるわけですが、これを片脚だけでやることによって踏み足から引き足への移行などでスムーズに回すことができるようになります。

しかし、それ以前の問題として自分がどれくらいきれいに回せないかということを知っておくことが大切になります。

というのは無駄なしペダリングを手に入れろという記事でも書いていますが、自転車のペダルはクランクに引っ付いていてこのクランクが硬いため適当にペダルを踏み込んでも自然とまわる、つまり円運動へと変換されているのです。これは自動車のエンジンのピストン運動と同様に上下運動を円運動へと変換してくれる作りになっているからです。

もしも、クランクがゴムのような柔らかい素材でできていたらこの上下運動を円運動へと変換してくれなくなってしまうため、よほどきれいに回す技術が無ければまともに回すことができないことになってしまいます。

クランクと円運動

しかし、そうはいっても柔らかいクランクなどは持っていないため実際に自分の動きがどれくらいきちんと円運動をできているのか判断しようがないなと思ってしまいます。

ですが、柔らかいクランクなどなくとも自分のペダリングを確認する方法があります。それは「エアペダリング」という方法です。

名前の通り、ペダルを使わずにペダリングをすることで自分のペダリングの動きを把握することが可能になります。やり方は簡単でローラー台などにロードバイクをセットした状態で、ペダルから足を外して、脚の動きだけで丸くペダリングをしましょう。これでうまく回せないのであれば間違いなくペダリングができていないということになります。

もしも、きちんとできていないのであれば自分のイメージ通りに回すペダリングができるまで練習するのがいいでしょう。この練習方法も片脚ペダリングと同じように特別な道具も必要とせずに、いつでも簡単に練習できるので初心者にはもってこいの練習方法だと思います。