ダンシングがきちんとできているかの初歩的なテスト法について

からだの重心

ロードバイクで走る際にはその時々のシチュエーションで走り方などを細かく変えていく必要があります。とくにロードバイクの場合は変速機がついており、道路の状況に合わせて最適なギアを選び続けることができるかどうかで同じように走っていても疲れ方などが変わってきます。

そのほかにも走り方で気を付けるところがあるのですが、特にロードバイク初心者にとって意外と難しいのがダンシングです。

ダンシングというのはいわゆる立ち漕ぎのことですが、きちんとダンシングを行うともっともパワーを発揮することができるのです。これを有効に活用すれば短い坂などもペースを落とさずにクリアできるためにその後のスピード維持も容易にでき、結果として体力を温存して走ることができます。

また、集団で走っている場合などでもきちんとダンシングが行えればたとえ筋力的に劣っている人でも楽についていくことができます。スタート直後の加速,短い坂,ここさえついていけばその後は引っ張ってもらえるというようなときには積極的に使っていくことが大切です。

さて、ダンシングがなぜパワーを発揮できるのかというとそれはシッティングの時のように自分の脚のみでパワーを生み出すだけではなく、体重も利用して推進力を得ているからです。

しかし、初心者のうちはうまく体重移動を行えずを自転車を前に進めるためのエネルギーにすることができません。それはシッティングであれば自分の体はペダルとハンドル、そしてサドルの3点で自転車とつながっているのですが、ダンシングを行う場合にはサドルからお尻を浮かすため、ペダルとハンドルのみでつながっているからです。

つまり、シッティングであれば体の重心をほとんど変えずに乗ることができても、ダンシング時に置いては重心がぶれてしまい、そのために体重移動を行ってダンシングで推進力を得ようとしてもパワーロスが発生してしまうのです。

これを改善してうまくダンシングできるようになるためにはやはりきちんと体の重心をビシッと決めて走ることが大切になります。

そこで、自分がダンシングのときにうまくバランスをとれているのかどうか知るためのテストがあるようです。やり方は簡単でロードバイクを固定ローラー台にセットした状態で左右のペダルを水平にして立ち上がり、両手をハンドルから離してもその姿勢を維持できるかというものです。

ダンシングで手放しテスト

きちんとできる人であればしっかりと立ったままの姿勢を維持できるようです。

固定ローラー台が無い場合であれば実走中に同じように左右のペダルを水平にして、前輪と後輪を同時に浮かすことができるならば正しい位置に重心があるといえます。一度試してみてはいかがでしょうか。