固定ローラーに使えるおすすめのタイヤ

鉄下駄

ロードバイクの乗り始めてしばらくたってから、いつでも気軽に自転車にまたがってペダルを漕ぐ練習をしたいと思い、ローラー台を購入しました。

ローラー台には固定ローラーと3本ローラーがありますが、初心者のうちは安全のためにも固定ローラーのほうがいいだろうと思い固定ローラーを購入したのですが、これには使ってみるまで分からなかった問題点がありました。

それはタイヤとローラーの摩擦であっという間にタイヤが消耗してしまうということです。特に固定ローラーの場合はタイヤへの接地圧が強すぎても弱すぎてもダメなようで、最初に乗った時にはほぼ新品のタイヤが1週間でもう乗れないというくらいまで削れてしまったものです。

それ以降はいろいろと接地圧を調整してタイヤの消耗はかなり抑えられることになりました。

しかし、ある程度ロードバイクに慣れてくるとだんだんと物欲も出てくるもので、タイヤにかける金額も上がってきてしまいました。1本1万円するというわけでもありませんが、それでも6000円近くするタイヤというのは貧乏性の私にとって高級品でした。それが楽しいロングライドでの実走によってではなく、室内でのローラー台で削り取られていくのを見るのは何とも忍びない気持ちになってしまいます。

そこで、余ったホイールを使って固定ローラー用ホイールを一つ用意しておくことにしました。固定ローラーをするときにはそのホイールを付けて、実走に行く際には実走用のホイールを使うというやり方にしたのです。

この固定ローラー専用ホイールには当然高いタイヤなどは使うことはしませんでした。しかし、このホイールにはいつもと違うギア比のスプロケットを使っているため、ごくたまに実走に用いることもあったのです。そのため、固定ローラー専用と銘打ったタイヤを使う気もしませんでした。

そこで考えたのが「限りなく削れにくく値段の安いタイヤ」をこのホイールに使うということでした。アウグーリオにお邪魔してタイヤを物色した結果ちょうどいいのが見つかりました。

エキノクスケブラー

それは「HUTCHINSON EQUINOX KEVLAR」というタイヤです。どんなタイヤですかと質問したら「通称鉄下駄と呼ばれるタイヤ」だといわれました。

というのもこのタイヤは耐久性・長寿命を売りにしているタイヤでその代わりとして重量があるため重たいのです。そのため多くの場合は通勤用などに使用されるといいます。丸タイヤで外周部には鉄が通してあるため文字通り鉄下駄というわけです。

で、実際に使用してみた感じですが、本当に削れませんでした。固定ローラーでインターバルなどをしてもがいたとしてもピンピンしています。

このタイヤの何がいいのかというと安いことです。本来の固定ローラー台用タイヤが製品として出ていますが値段は3500~4000円程度なのに対して、このエキノクスケブラーは1700円程度なのです。固定ローラーを買ったはいいが専用タイヤまで買うのはどうだろうかと悩んでいる人などには特におすすめのタイヤではないかなと思います。