一般人でも瞬間的にパワーを出すことができる必要がある

ダンシングの有効活用

ロードバイクにはいろいろな楽しみ方があります。レースに出て順位を競い合うことが好きな人もいれば、ゆっくりとサイクリングを楽しむのが好きな人もいます。

私はというと基本的には景色のいいところを長距離走り続けるロングライドが好きなタイプと言えるでしょう。基本的に近年増えているロードバイク乗りにはこの傾向が強いのではないかと思います。

このようなそんなにペースの速くないロングライドをする場合に必要な能力というのは「持久力」になります。いかに一定の速度で疲れずに走り続けれらるかということが求められます。

このような持久力を鍛えるためにはなるべく普段から自転車に乗っておくのが望ましいでしょう。特に疲労物質がたまる限界値を底上げしてくれるLSDやメディオなどのトレーニングをしておくことでより遠くまで走り続けることができるようになります。

しかし、どうもロングライドをする人間であってもこの持久力のトレーニングだけではなしに、瞬間的にパワーを出すためのトレーニングもしておいたほうがロングライドでより疲れないことにつながるようです。

瞬間的にパワーを出すというのはつまりは「短い時間でトップスピードに乗せる」技術のことです。これはいくらLSDやメディオを続けていても鍛えられません。

基本的に一定ペースで走るのがメインになるロングライドで、なぜ一瞬でトップスピードを出すことが体力温存につながるのでしょうか。それは「スタート直後の加速」や「短い坂」「ちょっと頑張れば前の人や車やバイクのスリップストリームに入れる状況」などで一瞬でスピードをあげることができると、その後に楽ができるケースというのが結構あるからです。今頑張れば後が楽できるというときにスピードが出せないために、その後つらい時間が続くというのを避けるためにもトップスピードが瞬時に出せるようにしておく必要があります。

さて、ではどうすれば自転車はスピードが出るのでしょうか。一番確実なのは重たいギアを速く回すことです。重いギアを回すためにはペダルにトルクをかける必要がありますが、力は重たいものを素早く動かすことで大きなエネルギーとなります。そして、自転車に乗っていて利用できる重たいものと言えば「自分の体重」です。成人男性ならば60~80kg程度ある体重をペダルにかける、つまりはダンシングでより速く回すことが重要になってきます。

こう書くと当たり前すぎると感じるのですが、実際にやってみると普段から意識してダンシングの練習をしておかなければ絶対に回すことができません。そのため、普段からある程度練習してダンシングでトップスピードにのせることができるようにしておく必要があるのです。

週末のロングライドで少し楽をして走るために少しつらいですが普段からダンシングでもがくようにしておいたほうがいいでしょう。ただし、実走で練習する場合には120%の安全確認をしてから行いましょう。