平地でのスプリントの簡単な練習方法

ペダルを回すために

ロードバイクに乗って1人でロングライドなどを楽しんでいるとまず伸びないと思われる能力に「スプリント力」があります。

簡単にいえば短距離を自分の出せる最速スピードまで可能な限り早く上げて、そのスピードを少しでも長く維持してゴールに突き進むための力がスプリント力になるのですが、のんびり景色を見ながら走っている限りはまず必要なく、必要が無ければやらないためこの力が向上することはありません。

しかし、ロングライドが趣味でレースに出るわけでもない人にとってもある程度はこのスプリント力はあったほうがいいといわれています。例えば複数で走りに行ったときに前の人から遅れそうで間が空いてしまうシチュエーションで一瞬で加速してその間を詰めることができれば結果として楽に走り続けることができるからです。

そんなわけでロードバイクに乗った時にはなるべくスプリントの練習もしておこうと考えていました。しかし、うまい練習方法というのを今までよく知りませんでした。

最初は「全力でもがけばいいだけだろう」と思っていました。ですが、これではうまくいきません。なぜならスピードを出そうと思うあまりギアを重くしすぎてもがいてしまっており、結果として最初の加速がうまくいかないためです。重たいギアを頑張って踏み込んでスピードが上がってきたらさらに頑張ってケイデンスを高めて、という具合になってしまい瞬間的な加速が得られる練習になっていないのです。

そこで、何かいい練習方法はないものかなと考えていました。ちなみにトレーニング器具として心拍計は持っていますがパワー計の類はありません。スプリントは瞬間的にパワーを高めてスピードを上げることになるため、パワー計であればトレーニング器具として使いやすいのですが、心拍計では体の負荷に対して後から心拍数が上がるためにトレーニング器具としては不向きであるといわれています。そのため、特に器具を用いず練習しやすい方法を探していました。

その条件にうまい具合に当てはまるトレーニング法をロードバイクのプロである西薗選手がしていると紹介していたサイトがありました(参照)。

やり方は簡単です。場所はスプリントの練習に適した平地がいいようです。

最初は一番軽いギアであるインナーローにセットして、全力でスプリントを開始します。脚が完全に回りきったら終了。次にギアをもう一枚だけ重くして再度スプリントを開始。同じくまわりきったらおしまい。これを脚が回りきらなくなるまで繰り返すという練習です。

意外にもアウターにたどり着くまでに限界が来てしまうようです。

この練習方法のいいところは特別に用意するものもなく、比較的どこでもやりやすく、また自分の実力が分かりやすいというところにあると思います。「今までこのギアで回らなくなっていたのがもう一枚重くできた」というわかりやすいスキルアップの条件があるため漫然と練習を続けるだけでなくモチベーションを高く持って続けられそうです。

しばらくはこの練習方法を取り入れて続けていこうかなと思います。