ローラー練習:2012/9/24~9/29

9月24日月曜日

休息日

(備考)新しいサイコンを購入

9月25日火曜日

固定ローラー(LSD)

走行時間 1:00:00

9月26日水曜日

実走(葡萄坂)

走行距離 40.9
走行時間 1:40:44
平均速度 24.4
最高速度 54.8
平均ケイデンス 76
最高ケイデンス 125
平均心拍 137
最高心拍 179
消費カロリー 1133

9月27日木曜日

休息日

9月28日金曜日

3本ローラー(LSD・片脚ペダリング各1分×3本・高回転練習10:10×9本)

走行時間 1:00:00

(備考)股間が痛む

9月29日土曜日

3本ローラー(LSD)

走行時間 1:00:00

一言メモ

今週は新しくサイコンを買いました。ATLASのASG-CM31というサイコンです。このサイコンにはGPSが付いており地図などを表示させてみることができるサイコンです。ロングライドにちょうどいいかと思い、購入しました。

しかし、

ローラー台でトレーニングを行う際には少し不便で、勝手からしまったなと思っています。というのも、私の家はコンクリートのマンションなので電波が届きにくいようでGPSをうまく拾えません。そのため、スピードセンサーやケイデンスセンサー、心拍センサーを付けてローラー台でトレーニングを行っても、その瞬間の数値は見ることができても走行時間が動いていないため平均速度などのデータが見ることができないのです。

また、厄介なことにストップウォッチの機能もついていないようです。走行時間などが動かないため時計を見るしかないのですが、時計では何時何分まではわかっても何秒というのが分からないため、インターバルトレーニングのような秒単位で負荷の調整を行うようなトレーニングができなくなってしまいました。

やはり一番の問題はGPSを把握できないというところにあるようです。おそらく、一番端の窓際の部屋であれば何とか電波も届くのかなと思いますが、いかんせん畳の部屋なのでローラー台に自転車をセットしてもがいたりすると、その振動で畳が傷み、汗が染みになるのではないかと思うと実行できません。

外を走る分にはGPSマップは非常にありがたいですが、室内のローラー台では反対に不便なものになってしまったなと思っています。もっとも、ローラー台などは実走よりも同じ時間で距離が伸びてしまうので、人によってはサイコンでカウントせずに何時間ローラー台をやっていたかだけを記録している人もいるようです。とりあえず私も一か月にどのくらいの時間ローラー台トレーニングを行っていたのかだけでも記録しておこうと思いました。

ですが、今までのようにサイコンで秒単位まで見ながらやっていた身としては、不便さが大きく、下手をするとローラー台が部屋の飾りになってしまわないかという心配もあります。最悪、ローラー台を窓際まで持ってきてでも続けていくようにしなければと思いっています。

さて、そのほかに水曜日には葡萄坂に走りに行きました。それはいいのですがその後どうやら股間が痛くなってしまい、少々困ってしまいました。これは今までも何度か経験があります。長時間シッティングのみで走っていると(といっても2~3時間程度)、股間に血豆のようなものがプクッと膨らんでしまい、それが圧迫されて痛むのです。

今回はちょうどブラケットや下ハンを握る姿勢の角度で痛みがきついです。仕方がないので3本ローラーを行う時は上ハンでやるようにしていました。が、これではトレーニングになりにくいので、なるべくなる前に防ぐようにもっとダンシングを織り交ぜて走る必要があるなと感じました。

また、股間が痛かったこともあり土曜日は3本ローラーでダンシングを行いましたが、この時前後輪が前後に動いてしまって危うく脱輪しかけるところでした。以前一度なったことがありますがフローリングに傷がつくので気を付けて乗らないといけないなと思いました。

そもそも、前後に動いてしまうというのはバランスが悪いのでしょう。最近は固定ローラーなども行うようになっていましたが、やはり基本のバランスを整えるためにも3本ローラーをメインに行っていったほうがよさそうだなと思いました。