ローラー練習:2012/10/1~10/6

10月1日月曜日

固定ローラー(アップ10分・メディオ15分×2本・ダウン10分)

走行時間 1:00:00

10月2日火曜日

3本ローラー(片脚ペダリング各1分×3回・高回転練習10:10×9本)

走行時間 0:30:00

10月3日水曜日

固定ローラー(アップ15分・インターバルトレーニング15:45×5本・ダウン10分)

走行時間 0:30:00

10月4日木曜日

休息日

10月5日金曜日

実走(堺浜5周)

走行距離 42.2
走行時間 1:22:53
平均速度 30.6
最高速度 45.6
平均ケイデンス 92
最高ケイデンス 127
平均心拍 142
最高心拍 165
消費カロリー 1368

10月6日土曜日

固定ローラー(アップ15分・インターバルトレーニング10:50×5本・ダウン10分)

走行距離 15.6
走行時間 0:30:15
平均速度 30.8
最高速度 62.0
平均ケイデンス 101
最高ケイデンス 165
平均心拍 137
最高心拍 169
消費カロリー 434

一言メモ

今週も室内でのローラー台トレーニングを行っていました。しかし、いつもローラー台を置いている部屋ではサイコンがGPSを把握できないためデータが取れていません。

そのため、水曜日まではおおよその時間を測りながら固定ローラーや3本ローラーを行っていました。

しかし、今までと同じメニューでもタイムが分からずデータにも残らないので少しテンションが落ちてしまいました。やはりローラー台を続けていくにはわずかな刺激(タイム計測など)が亡くなってしまうだけでも痛手だなと感じました。

ちなみに高回転練習やインターバルトレーニングの秒数を測るために近くにある冷蔵庫にキッチンタイマーを取り付けて、そのキッチンタイマーで時間を測りながら秒を把握していました。

ですが、やってみてよくわかったのですが、ローラー台、特に3本ローラーなどはきちんと前方を見るか真下を見ておかないとバランスが悪くなり危険度も増してしまいます。特にインターバルトレーニングで全力でもがいているときなどは横のキッチンタイマーを見るのは難しいというのがよくわかりました。

やはりキチンと時間を見ながら走るにはステムやハンドルにないと不便なのだなと身に染みました。

また、金曜日は夜から堺浜に走りに行きました。これは日曜日が台風だったこともありほとんど新しいサイコンを使って走れていなかったのと、もっと実走を走ったほうがいいという考えからです。

結果としてはやはり実走に勝るものはないということなのですが、問題もあります。それは私の家から堺浜までは10km弱あるため、行くだけでも20分程度の時間がかかってしまうことです。いつもは1時間のトレーニングなのですが、堺浜5周を走って帰ってきてストレッチをする時間まで入れると2時間近くたってしまっていました。

さすがに平日の夜に毎日2時間走るのは難しいのではないかと思います。もう少し、近場でいいトレーニング場所がないか探してみようかと思いました。ちなみに大和川のサイクリングロードも考えたのですが、こちらは全く街灯がなく大阪では唯一ではないかとおもう暗闇の場所で走れたものではありませんでした。

土曜日は夕方から雨が降ってきたので再びローラー台を使用することにしました。今回はローラー台の場所を変えて使ってみることにしました。

というのも室内ではGPSを拾いませんが、窓際では一応電波が届いているようなのでこの窓際の部屋でサイコンを使ってみることにしたのです。

結果は大成功できちんとGPSを拾うことができ、平均速度などのデータも取れていました。これからはこの場所でローラー台を使用していこうかなと思いました。問題はここは私が今まで布団を敷いていた場所だということですが・・・

もう少し部屋のレイアウトも考えて使用してみたいと思います。